おたけのおへや

ポケモン剣盾シングルレート専用。結構独特の型や構築を考えるので、参考になれば幸いです。

【スパイクチャレンジ使用構築】堅守速攻ゴリジバコ【最終27位、最終レート1803】

こんにちは、おたけです。

今回、初めて公式大会に出場し、そこそこ上位で戦うことができたので記念に構築記事を書こうと思います。運が悪すぎて1桁いけませんでしたが、構築は間違いなく強かったのでちゃんと解説しようと思います!特殊ルールのような環境が読みにくい時の自分なりの構築の組み方についても盛り込んで説明するのでよかったら最後まで見ていってください!!

 

構築紹介

 

【結果】

TN おまゆ 最終27位、最終レート1803

 

f:id:omayupoke:20210322012143j:plain

 

構築を組む前に考えたこと

重要ポイントなので詳しく解説します!興味ない人は読み飛ばしてください!

 

今回のスパイクチャレンジのような、いつもと全く違うルールで安定して勝てる構築を組むためには、ポケモンをメタるのに加えて大きなトレンドをメタるのが強いと考えました!

例えば、

・仲間大会の上位にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20210321234049j:plainが多いからそれらに強く出られるポケモンを軸にする

↑もちろんこれもすごく重要ですが、仲間大会に参加したりフレ戦をする中で、それだけでは絶対に勝てないと思いました。当日何が流行するか全く分からないからです。それよりも、もっと広い意味での環境ダイマックス無し」という制限ルールにはどのような特徴があって、どんな動きができるポケモンが強いのか、抽象的なところから考察を進めました。ダイマ無し環境の大きな特徴は、

 

1.ダイジェットがない ⇒ 相手ポケモンとの素早さ関係が非常に重要

2.積み技を持っているポケモンしか火力を上げられない

3.ダイマによる役割破壊ができない ⇒ 事前のダメ計で有利不利がはっきりしやすい

 

ざっとこんな感じです。上記の3点を活かした構築作りが非常に重要と考えたので、それぞれの項目について僕が考えた対策案を説明していきます!

 

1. ダイジェットがない

簡単に言うと、ダイジェットがないため、素早いポケモンを使うと必ず相手より先に行動できます。素早さ種族値が102もあり、スケイルショットが打てるf:id:omayupoke:20210321234049j:plainが流行するのは当然です。また、拘りスカーフを持たせることで相手の意表をつき、上から行動することができます。僕は、相手ポケモンがスカーフである場合のケアまでしないといけない立ち回りが非常に窮屈だと感じました。この課題を解決する方法を3つ考えました。

・高火力の先制技で殴る 

・耐久値を上げて1発耐えてから高火力で切り返す

・相手の技を受けきる

上記の3つのうちどれかに当てはまるポケモンが強いと考えて構築を組むことにしました。

 

2. 積み技を持っているポケモンしか火力を上げられない

文字通りで、積み技をしてきそうなポケモンは限られているため、それらのポケモンに対して積まれても後から対処できるロジックをなるべく構築内に取り入れました。例えば、サンダーは火力を上げられないので怪電波は必要ない。ゴリラは剣舞されると嫌なので鬼火を採用しよう。みたいな感じです!もちろん全ての積み技をケアできないですが、、

 

3. ダイマによる役割破壊ができない

例えば、ダイマックスがあると「鉢巻ウーラオスのインファでHBナットレイも一撃で落とせるけど、ダイマしてきたから返しのダイスチルを食らった」みたいなことが起こります。こうなるともちろんダメ計も大事ですが、「ダイマ択」を同時に解決する手段が必要です。ですが、スパチャレ環境ではそういった役割破壊は絶対に起きません。相手のナットレイはそのまま倒れるか、裏のポケモンで受けてくるかの2択になります。つまり、事前のダメ計の重要性が上がるということです!今回構築を組む際は、誰を一撃で倒せるか、誰の攻撃を何発耐えるかをいつもより考えながら調整しました。

 

以上のように、流行のポケモンに加えて、制限ルールという広い意味での環境をいかにメタるかを考えて構築を組むのが重要だと考えました!そこそこ良い結果を出せたのでこの考え方は間違っていないと思います!

それでは長々と説明しましたが、今回の構築について経緯と個体解説をしていきます。

 

構築の組み始め

相手のスカーフケアをしなくていいし、最も高火力で先制技が打てるf:id:omayupoke:20200901023012j:plainがダントツで一番強いと考えました。ダメージ計算をしていると、ステルスロック剣舞珠グラスラで縛れるポケモンがかなり多かったため、珠f:id:omayupoke:20200901023012j:plainを通すことを目標に構築を組みました。

 

構築経緯

 

 f:id:omayupoke:20200901023012j:plainを通す上で、安定してステルスロックを撒くポケモンが必要だったので、f:id:omayupoke:20210321234049j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plain全てに強く出られ、相手の積み技も広くケアできる天然f:id:omayupoke:20201201213151j:plainをステロ要員で採用しました。さらに、ゴリラは強烈にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901023003j:plainを誘うので、それらに有利対面を作りながらステロを撒けるHDオボンf:id:omayupoke:20201027205127j:plainを採用しました。f:id:omayupoke:20200901023012j:plainと相手のf:id:omayupoke:20200901022158j:plainが対面するときついので、f:id:omayupoke:20201201213151j:plainとも相性がよく、受けきることができるHBf:id:omayupoke:20210316170636j:plainを採用しました。f:id:omayupoke:20200901023012j:plainが通しづらいf:id:omayupoke:20210322003209j:plainf:id:omayupoke:20210322003221j:plainf:id:omayupoke:20201027194304j:plainあたりを意識し、対面させて裏にまで負荷を掛けられるアナライズ眼鏡f:id:omayupoke:20200901021606j:plainを採用しました。最後に、f:id:omayupoke:20200901023012j:plain剣舞する際に欠伸や吠えるなどの補助技でケアされるのが嫌だったので、それらを全て跳ね返しつつ受け構築に強く出られるポケモンとして残飯f:id:omayupoke:20210201000448j:plainを採用しました。以上の経緯で、f:id:omayupoke:20210201000448j:plainf:id:omayupoke:20201201213151j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210316170636j:plainf:id:omayupoke:20201027205127j:plainf:id:omayupoke:20200901023012j:plainという並びで構築が完成しました。


個体解説

f:id:omayupoke:20200901023012j:plain

ゴリランダー@いのちのたま

性格: いじっぱり

特性: グラスメイカ

技構成: グラスラ/はたき/ばかりき/剣舞

実数値: 175-194(252)-111(4)-*-90-137(252)

調整意図:

S: 耐久サンダーを抜くため準速

A:

ステロ+剣舞グラスラ

無振りf:id:omayupoke:20200901022158j:plainを確1、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainを乱数93%、f:id:omayupoke:20200901023035j:plainf:id:omayupoke:20200901023003j:plainを乱数68%

剣舞馬鹿力

HBf:id:omayupoke:20210131235343j:plain、HBf:id:omayupoke:20201231201107j:plainを確1

剣舞はたき

 HBf:id:omayupoke:20210322004723j:plainを確1

解説:

本構築のダントツMVP。化け物級の強さでした。ほとんどこいつを通して試合を決めました。ドサイドンに対して水ウーラオスがよく出されるので、ステロを撒いてから水ウーラオスを起点に剣舞するだけで勝てます。麻痺を引こうが相手が速かろうが、先制技でほとんどのポケモンを縛れるのが偉すぎる。。

 

f:id:omayupoke:20201201213151j:plain

ピクシー@ゴツゴツメット

性格: ずぶとい

特性: てんねん

技構成: ムンフォ/月の光/瞑想/ステロ

実数値: 202(252)-*-137(252)-115-110-81(4)

調整意図: ウーラオスガブリアス意識でHB

解説:

構築の軸。ステロ要員その1。第2MVP。特性てんねんのおかげでガブリアスに無限回後出しできるのが強すぎました。そもそもこいつ1匹で詰んでる構築もあって環境に刺さってました。ステロを早めに撒くことで、相手は削れたピクシーを見て「受けを崩せた!」って勘違いして裏から出てくるゴリラにボコボコにされてました。ウインディと受けサイクルで詰ませるというプランも立てられたので、戦略の幅が広がって大活躍でした。

 

f:id:omayupoke:20201027205127j:plain

ドサイドン@オボンの実

性格: しんちょう

特性: ハードロック

技構成: 地震/ロクブラ/剣舞/ステロ

実数値: 221(244)-160-158(60)-*-111(204)-60

調整意図:

HB: エースバーンの膝をオボン込みで2耐え

HD: 余りをぶっぱ

解説:

ステロ要員その2。相手がサンダーを出してきそうな時のステロ要因。ゴリラが重い構築が多かったので、サンダーの選出を強要させてからドサイドンで縛ってステロを撒く動きが強かったです。耐久サンダーに勝てないから仕方なく剣舞を採用しました。炎技が欲しい場面も結構ありましたが、抜く技がないので諦めました。

 

f:id:omayupoke:20210316170636j:plain

ウインディ@あつぞこブーツ

性格: ずぶとい

特性: いかく

技構成: 放射/鬼火/吠える/朝の日差し

実数値: 197(252)-*-145(252)-120-100-116(4)

調整意図: HBぶっぱ

解説:

ヒヒダルマやエースバーンに抗うための物理受け。ヒヒダルマもエースバーンも結構多かったからいっぱい選出しました。ただ、痺れたり1撃技食らったり鬼火は1撃技よりも当てる確率が低くて散々でした。こいつのせいで何回も大事な試合を落としました。鬼火が8割当たればスパチャレ環境最強の一角になれると感じました。

 

f:id:omayupoke:20200901021606j:plain

ジバコイル@拘り眼鏡

性格: ひかえめ

特性: アナライズ

技構成: 10万/ラスカ/ボルチェン/ボディプレ

実数値: 166(244)-*-140(108)-174(148)-104-67

調整意図:

HB: ヒヒダルマのつらら3耐え

C: 無振サンダーを10万で確1、その他色んなポケモンを確1

S: アナライズを発動させるために個体値低め

解説:

昔から愛用しているサイクル崩し要因。等倍ならほとんどのポケモンを1撃で落とせるので強すぎました。ゴリラが苦手な氷タイプがいたり、刺さってる時は積極的に初手から出して、相手のポケモンを1匹倒してからウインディピクシーで受け回して勝ち切る動きが強かったです。ヒヒダルマが拘ってつららを打ってくることが多いので環境的に追い風でした。

 

f:id:omayupoke:20210201000448j:plain

ブリムオン@残飯

性格: ずぶとい

特性: マジックミラー

技構成: ショック/ドレキス/瞑想/守る

実数値: 161(228)-*-161(252)-160(30)-123-34

調整意図:

H: 残飯回復効率最大

HB: 鉢巻ウーラオスの暗黒強打確定耐え

解説:

こいつも最近愛用してるポケモン 。構築にいるだけで展開阻止力があって、構築から外せない病気にかかってます。ウーラオスガブリアスにも強いので環境的にはかなり追い風でした。ウインディで鬼火を撒いてからブリムオンで起点にして相手を詰ませる動きも強かったです。ヒヒダルマ対面は守るを採用しているので初手に相手の技を縛ってから、突っ張るか裏で受けるか判断できるのが強かったです。

 

最後に(スパチャレの感想)

スパチャレ環境は、運ゲの押し付け合いで正直想像以上につまらなかったです。終始運が悪くて、いつか上振れると信じて潜り続けたのに何回も麻痺や初手急所で破壊され、ゲームエンドでした。構築の完成度が高く、1位も目指せる位置にいただけあって非常に悔しいです。

とはいえ、こういう制限ルールでの強い構築の組み方を会得したことは自分にとってかなりプラスだと思っています!そういう意味では参加してよかったです!

 

この悔しさは必ずランクマッチにぶつけます!!!

 

スペシャルサンクス

・スパチャレ環境を一緒に切磋琢磨してくれたAIM-HIGHのみんな

・フレ戦で一緒に特訓してくれたルセリアさん、ぷくさん、グンたろうさん

・ピクシーの孵化厳選をしてくれた彼女

・珠ゴリランダー