おたけのおへや

ポケモン剣盾シングルレート専用。結構独特の型や構築を考えるので、参考になれば幸いです。

3桁の番人だった僕が最終レート2000を達成するために実践したこと【ポケモン剣盾シングルレート攻略】

こんにちは、おたけです。

 

この度は、S16にて人生2度目の最終レート2000を達成することができました!!

ここまで本当に苦労したし、一生2000に辿り着けないのではないかと不安でいっぱいだったので、非常に嬉しいです、、

 

おたけについて知らない方もたくさんいると思いますが、僕のことをご存じの方は、おそらく僕が過去に書いた記事↓を読んだ方だと思います。

 

omayupoke.hatenablog.com

 

この記事を書いたときはまだ最終3桁にギリギリ乗るくらいで、記事に書いた通り、最終レート2000なんて夢のまた夢で、辿り着き方も全く分からなかったです。。

 

しかし、そこから少し考えを改めて、上記の記事の内容をベースにしてさらに大きく構築の組み方を見直し、改善を加えました。その努力が実を結び、S14に初めて大台である最終レート2000を達成することができました!

 

つまり、自分の中で、3桁の番人だった頃から今までの改善点が明確であり、言語化できていると信じています。

 

今回の記事では、上記のように僕がレート2000を達成するために具体的に実践したことを皆さんに共有したいと思います。

 

もちろん、それぞれ自分の課題は異なると思うので、「この記事の内容を実践したら必ずレート2000にいける!」という保証はどこにもありません。しかし、僕はこの考えを自分の構築に加えて成果が出たのでそれなりに自信があります。構築の組み方に悩んでいる方や、レート2000をどうしても達成したい方は是非最後まで読んでみてください!

 

記事の概要

先に結論を言うと、僕が最終レート2000を達成するために最も大きく加えた改善点は、ダイマ択の解消」です。剣盾のダイマックス環境では、これが強い構築を組むための本質だと感じています。ですので、そのように感じた背景から説明し、その後に具体的にどうやって解消したのかを説明していけたらなあと思っています!また、「ダイマ択の解消」以外にも実践したことがあるので、そちらも加えて説明したいと思っています!是非最後までお付き合いください、、

 

サムネ用。ヒバニーきゃわいすぎないですか、、(きいさんに提供いただきました)

f:id:omayupoke:20210506204939j:plain

 

背景

僕が初めて最終2000を達成したS14の1つ前、S13の最終順位は693位でした。この時はすでに3シーズン連続、計4回目の3桁後半であり、自分のポケモンの成長が明らかに止まっているように感じていました。このまま一生3桁後半を取り続け、「3桁の番人」として居座り続けるのかという絶望とともに、このままでは絶対ダメだ、構築の組み方をイチから見直さないと!という気持ちになり、一念発起して頑張ることを決意しました。

当時使っていた構築は、f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainという並びで、相手の地面タイプを誘いながら壁を張ってf:id:omayupoke:20201201205906j:plain剣舞して全員倒すというのがコンセプトでした。環境最強であるf:id:omayupoke:20201201204219j:plainに強い並び・展開であり、環境に刺さる動きを考えられていたと思います。

しかし、結果は3桁後半止まり。僕は、今の構築がなぜ勝てないのかをひたすら考察しました。

その時に気づいたキーワードが、ダイマ択」です。

例えば、f:id:omayupoke:20201201205106j:plainの壁に対して相手はf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを後投げし、こちらがf:id:omayupoke:20201201205906j:plainに引いた際にf:id:omayupoke:20201201205521j:plain剣舞してきたとします。ここで早速ダイマ択が発生してしまいます。相手の裏にf:id:omayupoke:20201202054806j:plainがいる場合、相手がf:id:omayupoke:20201202054806j:plainに引くならこちらは剣舞が正解、相手のf:id:omayupoke:20201201205521j:plainがダイロックをしてくるならこちらもダイマックスするのが正解です。ここのダイマ択の問題は、相手が取ってくる行動は相手によって違うため、択の運要素が強いことです。当時の構築が展開構築だったので、ダイマ択を一時的に避けるための引き先もおらず、ここの択に勝利するしか勝ち筋がなくなってしまい、運に頼ることになって安定して勝つことができませんでした。

上記のように、たとえ環境に刺さる動きを軸にしたとしても、ダイマ択に勝たないと役割破壊されて負けてしまうことが頻繁にありました。なので、S14の構築はなるべくダイマ択をしない立ち回りができるように工夫しようと決めました。

 

具体策

S14では、相手のダイマに合わせて引き先が用意できるように「サイクル構築」を組むことにしました。これに関しては個人の好みなので、ダイマ択を解消するためには必ずサイクル構築を組むのがベストとは限りません。僕は元々攻めサイクルが最も性に合っており、相手のダイマをタイプや数値で受けることしか解決策が思いつかなかったので、とりあえず攻めサイクル構築を使うことに決めました。

サイクルの中でダイマ択に勝つ方法として、僕は以下の3つの戦略を考えました。

 

1. 有利対面で積み技を使い、相手がダイマを切らざるを得ない状況を作ってから裏に引く

2. 蜻蛉やボルチェンなどの対面操作技を使い、相手の不意のダイマに対して逃げる

3. 相手のサイクルを先に崩壊させて数的優位を取り、相手がダイマによる全抜きしか勝ち筋がない状態を作る

 

上記3つのいずれかの戦略を盛り込むためには、次のような役割のポケモンを構築に採用する必要がありました。

・相手のダイマを枯らせるポケモン ⇒ 高速回復技持ち、高耐久

・相手のサイクルを崩壊させられるポケモン ⇒ 火力アップアイテム持ち

・蜻蛉、ボルチェンで対面操作できるポケモン

・相手のダイマックスを誘発できるポケモン ⇒ 積み技持ち

 

これらを満足するポケモンを相性補完で組み合わせて構築を組む事で、柔軟な立ち回りで相手に先にダイマを切らせる展開を作ることができました!

具体例として、僕がS14で組んだ構築を使って説明します。

・相手のダイマを枯らせるポケモン

f:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plain

・相手のサイクルを崩壊させられるポケモン

→鉢巻水f:id:omayupoke:20200901022947j:plain、眼鏡f:id:omayupoke:20200901021606j:plain

・対面操作できるポケモン

f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210201001111j:plain

・相手のダイマを誘発できるポケモン

f:id:omayupoke:20210201001111j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20210201000448j:plain

 

これらのポケモンを採用しました。想定した立ち回りは、

f:id:omayupoke:20210201001111j:plainで悪巧み、f:id:omayupoke:20201201211858j:plainで竜舞し、相手のダイロックやダイアイスに対してf:id:omayupoke:20200901022947j:plainに引く

f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainで先に相手のポケモンを1匹倒し、相手のダイマf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainで受け切る

などなど、どんな選出をしても相手のダイマを枯らす動きができるように補完を考えて構築を組みました!

 

もちろん、上記の組み方以外にも、こちらが初手ダイマをする展開も有効だと思っています!相手がダイマしてもしなくてもこちらの正解択がダイマになるからです。

 

ステロ欠伸や壁展開など、展開構築が好みの方にはあまり参考にならず申し訳ないです。サイクル構築が好きな方は是非参考にしてみてください!

 

その他意識した事

以前に書いた記事で、「環境に刺さる動きから構築を考えるべき」という話をしました。僕が最終2000を達成した時はさらにステップアップして、「構築の各ポケモンがそれぞれ環境に刺さる動きを持っている」ことを理想としてポケモンを選びました。

例えば、

・鉢巻水f:id:omayupoke:20200901022947j:plain

f:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainをワンパンできるし、受け出してくる物理受けf:id:omayupoke:20201201204219j:plainはインファ+ダイアイスで落とせる

f:id:omayupoke:20210201001111j:plain→環境トップのf:id:omayupoke:20201201204219j:plainの前で悪巧みができる。悪巧みからのボルチェンで相手に負荷をかけつつダイマを枯らせる

・眼鏡f:id:omayupoke:20200901021606j:plain

→終盤流行したf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20210401083847j:plainの並びを1匹で崩壊させられる

・HBf:id:omayupoke:20210201000448j:plain

→流行していた鉢巻悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainの暗黒強打を確定耐えし、ドレキスで無傷で突破できる。

・HDf:id:omayupoke:20210131235343j:plain

→環境にいる特殊エースは

f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20210201004837j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainあたりが多く、それら全てを受けられる

・アッキf:id:omayupoke:20201201211858j:plain

f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20201231223159j:plainなどの物理アタッカーに対して相手から見えない受けポケモンになれる

 

このような、環境で流行しているポケモンに対して明確に強い動きを持っていると選出がしやすくなるため、相手の6匹に全対応できる可能性が高くなり、選出択を回避することができます。

 

まとめ

以上の考えをまとめると、強いサイクル構築を組みたい時はまず初めに、

環境に流行しているポケモンに対して強い動きができるポケモンや並びを考える

 

その次に、

それらのポケモンから、ダイマ択を回避できるポケモンに絞り込む

 

最後に、

相性補完を考慮して6匹の並びを考える

 

この流れで構築を組む事ができれば、間違いなく上位で戦える構築が組めると確信しています。僕が2度目の最終2000を達成したS16も、まさに上記の3つの手順を意識して構築を組む事ができたからこその結果です。

 

構築の組み方に悩んでいたり、なかなか結果が出ない方はもう一度自分の構築を見直し、ダイマ択の解消」を意識して構築を組んでみると、成長の糸口が掴めるかもしれません!

 

今後も僕は、さらなる高い壁である最終2桁を目指して、構築、プレイング共に精進していこうと思っています。また気づきがあれば記事を書くので、是非twitterをフォロー頂き、皆さんと目標達成目指して高め合える仲間になりたいです!!

Twitterのリンク↓↓

twitter.com

 

今後とも宜しくお願いします。

 

 

【剣盾S16使用構築】耐久型スカーフ黒バド&ラオスサイクル【最終219位、最終レート2001】

こんにちは、おたけです。

今シーズンは序盤から上位で戦いながら、最終日もなんとか耐えて人生2回目の最終レート2000を達成できました!!しかも、大好きなポケモンを沢山活躍させられたので非常に満足しています!構築はかなり最前線を走れていると思うので、是非参考にしてみてください!

 

構築紹介

 

【結果】

TN おたけ 最終219位、最終レート2001

 

f:id:omayupoke:20210401090805j:plain

※レンタルコードは多分消します

 

構築の組み始め

コンセプト: 大好きなポケモンと愛の力で勝つ。黒バドを通す。

 

環境トップメタであるf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210316163048j:plainに対して有利に立ち回れるf:id:omayupoke:20210316162843j:plainから構築を組み始めました。今期は洗練された構築を作るために、ポケモンの型や調整をいつも以上によく考えました。環境でよく見る黒バド処理方法はかなり限定されるため、それを逆手に取る型は絶対に強いと考え、型の開発を進めました。よく見る黒バドの処理方法として、

・不意の悪技で倒す(スカーフダルマのうっぷんばらしや珠フェローチェのじごくづきなど)

・タスキ悪ウーラオスミミッキュで対面処理する

・珠サンダーなどのダイジェットで強行突破する

・耐久振りザシアンで殴り勝つ

・スカーフメタモンでコピーする

の5種類くらいが環境に蔓延していました。これらの黒バド対策に対し、f:id:omayupoke:20210316162843j:plainにスカーフを持たせ、がっつり耐久に振ることで

 

・不意の悪技⇒スカーフで上を取っているので上から殴って勝ち

・タスキ悪ウーラオス⇒トリックでタスキを奪う+裏で処理

ミミッキュ⇒耐久値を上げて影打ちを耐えながらダイサイコ

・珠サンダー⇒耐久値を上げてダイジェットを耐えながら、上から2回殴る

・耐久振りザシアン⇒耐久値を上げて巨獣斬を耐えながら、上から2回殴る

メタモン⇒なるべくコピーされないように立ち回り、最悪はスカーフ同士で同速勝負する

といった、相手から見えない処理ルートで対面突破できるため、耐久型のスカーフf:id:omayupoke:20210316162843j:plainを採用しました。

取り巻きは、以下の条件をなるべく満たすポケモンを採用することにしました。

・特定の禁伝ポケモンに強い

・黒バドが苦手なf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainなどに強く出られる

f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに強い

・使い慣れている

(・可愛い、かっこいい)

 

まず採用したのはチョッキf:id:omayupoke:20200901024506j:plainでした。特性の貯水によりf:id:omayupoke:20210316163048j:plainにめっぽう強く、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに対しても何回でも後出し可能で、後攻ボルチェンにより安全にf:id:omayupoke:20210316162843j:plainを着地することができます。また、相手視点では蓄電か貯水か分からないので安易に電気技を打つことができず、サンダーもほぼ何もできません。また、大好きなポケモンでS1から愛用していたため、ダメ感もあって使いやすく、余裕の当確でした。

 

次に採用したのは鉢巻水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainでした。黒バドが苦手な悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainにめっぽう強く、f:id:omayupoke:20200901024506j:plainが誘うf:id:omayupoke:20201231190238j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainあたりに強いため相性補完が取れており、以前最終2000を達成した際も愛用していて使い慣れていたため採用しました。冷凍パンチを採用することで、サイクルの中でf:id:omayupoke:20201201204219j:plainに負荷を掛けることも可能であり、こちらも余裕の当確でした。

 

次に採用したのはゴツメHBf:id:omayupoke:20210316170636j:plainでした。f:id:omayupoke:20210316160224j:plainのメインウェポンを両方半減で受け、威嚇でAを1段階下げられることから、環境トップのf:id:omayupoke:20210316160224j:plainに圧倒的強さを誇ることに魅力を感じて採用しました。f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに弱いので使いにくさもありましたが、悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainのタスキをゴツメで削ったり、黒バドを通しやすい環境を作ってくれたのでそのまま採用に至りました。

 

次に採用したのは珠f:id:omayupoke:20201027194304j:plainでした。物理特殊両方のf:id:omayupoke:20210316172111j:plainに対して強く出られるし、f:id:omayupoke:20201027194304j:plainの初手ダイマから雨を降らせて水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainで詰めるという非常に強力な勝ち筋を作り出すことが可能です。黒バドが苦手な悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainにも強いし、相手視点はチョッキを警戒するため、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainですら悠長にできません。そして、何と言ってもこの可愛さ。可愛さ×強さの数値は間違いなく環境トップ。僕も全ポケモンの中でトップレベルに好きなので採用に至りました。

 

最後に採用したのはHDf:id:omayupoke:20210401064511j:plainでした。終盤に流行していたf:id:omayupoke:20210131235343j:plainに対して後投げから後攻蜻蛉で対面操作できるところや、f:id:omayupoke:20210316162843j:plainミラーやメタモン対面で安定した引き先になり、相手のスカーフを縛れるところを大きく評価しました。見た目はそこまで好きではありませんでしたが、環境にぶっ刺さっていたので仕方なく採用しました。。

 

上記の経緯から、f:id:omayupoke:20201027194304j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210401064511j:plainf:id:omayupoke:20210316170636j:plainf:id:omayupoke:20200901024506j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainという並びで構築が完成しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20210316162843j:plain

黒バドレックス@拘りスカーフ

性格: ひかえめ

特性: くろのいななき、きんちょうかん

実数値: 195(156)-*-113(100)-238(252)-120-170

技構成: アストラルビット/サイコショック/リフスト/トリック

調整意図: 

HB: 無補正A252ザシアンの巨獣斬最高乱数切り耐え、無振りナットレイのはたき確定耐え

HD: 控えめ珠サンダーのダイジェット最高乱数切り耐え、無振りサンダーのダイジェットを98%で2発耐え

C: ダイマ珠サンダーにアストラルビット2発+珠ダメ1回or2回で落とせる (vs珠ダイマサンダーはダイマ無しで勝てるor1-1交換)、無補正HDザシアンをアストラルビットで確定2発

S: 無振りでガブリアスまで抜ける

解説: 

本構築の軸。ダントツのMVP。持ち物をスカーフにすると、S無振りでもS+1最速サンダーの上から動けます。無振りスカーフにすることで、余った努力値を耐久に回して

f:id:omayupoke:20210316160224j:plainの巨獣斬や珠f:id:omayupoke:20201201204219j:plainのダイジェットなどを確定で耐える。f:id:omayupoke:20210316160224j:plainにはどんな型でも対面勝てて、ダイマf:id:omayupoke:20201201204219j:plainはこちらがダイマしなくても勝てる、もしくは1-1交換までもっていけます。あまりにも最強すぎて単体考察記事を書こうか迷いましたが、バレると弱いので最終日まで我慢しました。この型の黒バドレックスが間違いなく現環境トップだと思います。とにかく初手出しが安定で、f:id:omayupoke:20210316172111j:plainf:id:omayupoke:20210316173046j:plain以外のどんな伝説ポケモンが来ても恐れることはありません。ダルマのうっぷんばらしやフェローチェのじごくづきで黒バドを見ている構築や、黒バドミラーは初手で決着がつきます。f:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸に対しても、初手に黒バドを置いておけばf:id:omayupoke:20210316160224j:plainが来てもf:id:omayupoke:20201201204219j:plainダイマしてきても、全てにおいて初手はアストラルビットが安定行動になります。あと、とにかくカッコイイ。特にダイマした時に青い光を纏うところ。使ってて飽きないのもメリットです!お世話になりました!!

 

f:id:omayupoke:20200901022947j:plain

ウーラオス(連撃)@拘り鉢巻

性格: ようき

特性: ふかしのこぶし

実数値: 175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)

技構成: 水流連打/インファ/冷パン/アクジェ

調整意図: ASぶっぱ

解説:

本構築の第2MVP。黒バドが誘う悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainにめっぽう強いため、おそらく黒バドより選出しました。黒バドの選出誘導のおかげでほとんどの対戦で通しやすく、間違いなく一番活躍しました。冷パンを採用することで、HBサンダーもインファ+ダイアイスで落とせるため、相手のサイクルを崩壊させることも可能でした。後述のマリルリが初手ダイマで雨を降らせてからの鉢巻アクジェで縛れるポケモンが多いので、終盤に蜻蛉からアクジェに変更したのも正解だったと思います!

 

f:id:omayupoke:20201027194304j:plain

マリルリ@命の珠

性格: いじっぱり

特性: ちからもち

実数値: 207(252)-112(252)-100-*-101(4)-70

技構成: アクブレ/じゃれつく/穴を掘る/アクジェ

調整意図: HAぶっぱ

解説:

本構築の裏エース。基本的に初手ダイマで相手の場を荒らしていきます。水ウーラオスと同じく、黒バドの選出誘導のおかげでめちゃくちゃ通っており、最も強い勝ち筋でした!珠を持たせることで、威嚇が入っても破壊力が健在であり、相手に予想外の火力を押し付けることができました。穴を掘るを搭載することで、相手のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainを不意にワンパンしたり、よく出てくるf:id:omayupoke:20210401083847j:plainを倒せるので、受けに強くなります。そして何より、また一番大好きなマリルリちゃんと結果を出すことができたのが本当に嬉しいです!!!

 

f:id:omayupoke:20210316170636j:plain

ウインディゴツゴツメット

性格: ずぶとい

特性: いかく

実数値: 197(252)-*-145(252)-120-100-116(4)

技構成: 放射/朝の日差し/鬼火/吠える

調整意図: HBぶっぱ

解説:

本構築のf:id:omayupoke:20210316160224j:plain受け。ゴツメを持たせることでザシアンを複数回削り、黒バドの圏内に入れる動きが強かったです。相手がザシアンを選出しなかったときは相手の悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainのタスキを削って黒バドを通しやすくすることもできました。ウーラオスがタスキばっかりなのが環境的に追い風でした。f:id:omayupoke:20210316160224j:plainを受けた後、基本的に相手は居座ってこないので積極的に釣り交換しました。スパチャレでは鬼火を外しまくって発狂してましたが、最終日はちゃんと当ててくれたので感謝です!

 

f:id:omayupoke:20200901024506j:plain

ランターンとつげきチョッキ

性格: おだやか

特性: ちょすい

実数値: 231(244)-*-82(28)-96-138(236)-87

技構成: 放電/熱湯/ボルチェン/マジシャ

調整意図: HB: 無補正エースバーンの珠膝確定耐え

解説:

本構築のf:id:omayupoke:20210316163048j:plain受け。終盤はカイオーガが激減し、それほど出番はありませんでしたが、f:id:omayupoke:20210316163048j:plain軸には必ず選出して9割以上勝てるという驚異的な強さでした。相手視点は特性が蓄電か貯水か分からないため、電気技を打たれることも少なく実質特性が2つあるような状態でした。構築の電気の一貫が切れていないので、相手視点は蓄電に見えるみたいで全員潮吹きを打ってきて脳汁がいっぱい出ました。このポケモンはS1から愛用していて、昔はトゲキッスにアホほど強いので最強でしたが、エースバーンやゴリラの流行によって影を潜めていました。ですが、竜王戦環境になってからf:id:omayupoke:20210316163048j:plainが大流行し、再び大ランターン時代が到来しています!個人的に大好きなポケモンなので、最終2000構築に入れられて嬉しくて泣きそうです、、!ランターン最強!!!

 

f:id:omayupoke:20210401064511j:plain

タイプ・ヌル@しんかのきせき

性格: なまいき

特性: カブトアーマー

実数値: 202(252)-115-116(4)-115-161(252)-63

技構成: シャドクロ/蜻蛉/こごかぜ/眠る

調整意図: HDぶっぱ

解説:

本構築のダークホース。最終日に、f:id:omayupoke:20210316162843j:plainミラーに安定してサイクルを回せるポケモンいないかなーと考えていた時にひらめきました。相手のf:id:omayupoke:20210316162843j:plainのゴースト技をキャッチし、後攻蜻蛉でタスキを削ってから裏のスカーフバドを通せるので、対f:id:omayupoke:20210316162843j:plainの安定感が格段に上がりました。このポケモンを採用する前はミラーに苦しめられて4桁中位を彷徨っていましたが、このポケモンを入れた途端に一瞬でレートを戻して2000に乗せられたので、マジで最強でした!!f:id:omayupoke:20210316161508j:plain軸の受けループに対しては、他のポケモンで無理矢理相手のポケモンを1匹倒したらあとは眠る持ちのf:id:omayupoke:20210401064511j:plainを倒せるポケモンがいないので、TODで勝つことができて苦手な受けルにもそこそこ強くなりました。最後の最後まであきらめずに強いポケモンを考え続けてよかった、、

 

主な禁伝に対する選出パターン

・VSf:id:omayupoke:20210316160224j:plain

選出 ⇒ f:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210316170636j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plain

立ち回り ⇒ f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20200901023405j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainなどの相手のダイマポケモンに対しては全てf:id:omayupoke:20210316162843j:plainで対応する。相手の初手ダイマに合わせてウォール+サイコ+ウォール+アストラルビットで処理し、後続のポケモンにも負荷を掛けていく。耐久に振っているおかげでダイマ同士の打ち合いならほとんど負けないです。相手のf:id:omayupoke:20210316160224j:plainに対しては一旦f:id:omayupoke:20210316170636j:plainを投げ、相手の引きに対して釣り交換でf:id:omayupoke:20210316162843j:plainを着地させる。相手の悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainに対してはゴツメでタスキを削ったり、水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainを後投げして負荷を掛けていく。

 

・VSf:id:omayupoke:20210316163048j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plain

選出 ⇒ f:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20200901024506j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plain

立ち回り ⇒ 初手にf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainを投げ、相手のf:id:omayupoke:20210316163048j:plainと対面したらf:id:omayupoke:20200901024506j:plainを投げてクッションにし、後攻ボルチェンで対面を作っていく。相手のf:id:omayupoke:20201231201107j:plainに対してボルチェンで水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainを対面させ、インファでf:id:omayupoke:20201201204219j:plainを削った後にそのままダイアイスで相手のサイクルを崩せる。相手はほとんどf:id:omayupoke:20210316163048j:plainダイマックスしてくるので、f:id:omayupoke:20200901024506j:plainで枯らしてからf:id:omayupoke:20210316162843j:plainでスイープする。

 

・VSf:id:omayupoke:20210316162843j:plain

選出 ⇒ f:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210401064511j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plain

立ち回り ⇒ 初手でf:id:omayupoke:20210316162843j:plainミラーになった際は一旦f:id:omayupoke:20210401064511j:plainをクッションにして後攻蜻蛉で対面を作っていく。それ以外はf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainでくるくるしながら相手に負荷をかけていく。相手のf:id:omayupoke:20210316162843j:plainがスカーフならf:id:omayupoke:20210401064511j:plainに何もできないし、それ以外なら後攻蜻蛉からこちらのスカバドで勝てるのでかなり安定してサイクルを回せます。

 

・VSf:id:omayupoke:20210401082958j:plain

選出 ⇒ f:id:omayupoke:20201027194304j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plain

立ち回り ⇒ f:id:omayupoke:20201027194304j:plainの初手ダイマで取り巻きのf:id:omayupoke:20201231201754j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20210401083238j:plainなどに圧力をかけてから、裏のf:id:omayupoke:20210316162843j:plainか水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainを通していく。f:id:omayupoke:20210401082958j:plainは弱保の可能性が高いので、なるべくダイストリームや雨水流連打で負荷をかけ、相手の龍舞をけん制する。そうすることで水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plainが上を取れるのでだいたい勝てます。

 

苦手な禁伝とその対策

・VSf:id:omayupoke:20210316172111j:plain

ほぼ負けます。当たらないことで対策します。f:id:omayupoke:20201027194304j:plainのダイアースで裏のf:id:omayupoke:20210401083847j:plainを無理やり倒してからイベルタルを倒す、みたいなことをしないと勝てないです。

 

・VSf:id:omayupoke:20210316173046j:plain

だいたい負けます。f:id:omayupoke:20201027194304j:plainのダイフェアリーの火力が上がるので、ジオコンを積ませる前に負荷を掛けていき、裏の水f:id:omayupoke:20200901022947j:plainが上を取っていればわんちゃん勝てます。最終日は意外と勝てたのでよかった、、

 

最後に

今期は過去最高順位を更新しないとswitchを没収されるという背水の陣でしたが、なんとか過去最高順位を更新して最終レートも2000に乗せることができました。序盤からずっと上位を張れていて、名の知れた強者さんとはほとんどマッチングしてアツい試合をすることができました。非常に満足です!序盤から中盤は環境トップレベルに強い構築を作れていましたが、終盤はメタが激しくなって動かしづらくなり、かなり危機的状況でした。でも、最後まであきらめずに強いポケモンを探し続け、最後の最後にタイプ・ヌルという素晴らしいポケモンに出会えたことで勝ち切ることができました!!最終盤はいつも環境が大きく変わるので、その変化に食らいつくことが上位を維持するために最も重要であることを実感しました。来期はプライベートが忙しいのでおそらく本気で潜らないですが、またシーズンが変わったら今以上の結果を出せるように頑張りたいです!スパチャレも結果残せたし、今期は大満足!!!

 

スペシャルサンクス

・貯水ラブボランターンを提供してくれたなまずさん

・ゴジャボ黒バドを提供してくれた彼女

・序盤からずっと切磋琢磨してくれたAIM-HIGHのみんな

・最終日に朝までワイワイ通話ランクマしてくれたきいさん、くぼしたさん、たるポケさん、コッペパンさん。たるポケさん2000おめでとう!!

・大好きなポケモン達。マリルリランターン、黒バド、ウーラオスウインディ (ヌル) 。みんな最高!

 

【スパイクチャレンジ使用構築】堅守速攻ゴリジバコ【最終27位、最終レート1803】

こんにちは、おたけです。

今回、初めて公式大会に出場し、そこそこ上位で戦うことができたので記念に構築記事を書こうと思います。運が悪すぎて1桁いけませんでしたが、構築は間違いなく強かったのでちゃんと解説しようと思います!特殊ルールのような環境が読みにくい時の自分なりの構築の組み方についても盛り込んで説明するのでよかったら最後まで見ていってください!!

 

構築紹介

 

【結果】

TN おまゆ 最終27位、最終レート1803

 

f:id:omayupoke:20210322012143j:plain

 

構築を組む前に考えたこと

重要ポイントなので詳しく解説します!興味ない人は読み飛ばしてください!

 

今回のスパイクチャレンジのような、いつもと全く違うルールで安定して勝てる構築を組むためには、ポケモンをメタるのに加えて大きなトレンドをメタるのが強いと考えました!

例えば、

・仲間大会の上位にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20210321234049j:plainが多いからそれらに強く出られるポケモンを軸にする

↑もちろんこれもすごく重要ですが、仲間大会に参加したりフレ戦をする中で、それだけでは絶対に勝てないと思いました。当日何が流行するか全く分からないからです。それよりも、もっと広い意味での環境ダイマックス無し」という制限ルールにはどのような特徴があって、どんな動きができるポケモンが強いのか、抽象的なところから考察を進めました。ダイマ無し環境の大きな特徴は、

 

1.ダイジェットがない ⇒ 相手ポケモンとの素早さ関係が非常に重要

2.積み技を持っているポケモンしか火力を上げられない

3.ダイマによる役割破壊ができない ⇒ 事前のダメ計で有利不利がはっきりしやすい

 

ざっとこんな感じです。上記の3点を活かした構築作りが非常に重要と考えたので、それぞれの項目について僕が考えた対策案を説明していきます!

 

1. ダイジェットがない

簡単に言うと、ダイジェットがないため、素早いポケモンを使うと必ず相手より先に行動できます。素早さ種族値が102もあり、スケイルショットが打てるf:id:omayupoke:20210321234049j:plainが流行するのは当然です。また、拘りスカーフを持たせることで相手の意表をつき、上から行動することができます。僕は、相手ポケモンがスカーフである場合のケアまでしないといけない立ち回りが非常に窮屈だと感じました。この課題を解決する方法を3つ考えました。

・高火力の先制技で殴る 

・耐久値を上げて1発耐えてから高火力で切り返す

・相手の技を受けきる

上記の3つのうちどれかに当てはまるポケモンが強いと考えて構築を組むことにしました。

 

2. 積み技を持っているポケモンしか火力を上げられない

文字通りで、積み技をしてきそうなポケモンは限られているため、それらのポケモンに対して積まれても後から対処できるロジックをなるべく構築内に取り入れました。例えば、サンダーは火力を上げられないので怪電波は必要ない。ゴリラは剣舞されると嫌なので鬼火を採用しよう。みたいな感じです!もちろん全ての積み技をケアできないですが、、

 

3. ダイマによる役割破壊ができない

例えば、ダイマックスがあると「鉢巻ウーラオスのインファでHBナットレイも一撃で落とせるけど、ダイマしてきたから返しのダイスチルを食らった」みたいなことが起こります。こうなるともちろんダメ計も大事ですが、「ダイマ択」を同時に解決する手段が必要です。ですが、スパチャレ環境ではそういった役割破壊は絶対に起きません。相手のナットレイはそのまま倒れるか、裏のポケモンで受けてくるかの2択になります。つまり、事前のダメ計の重要性が上がるということです!今回構築を組む際は、誰を一撃で倒せるか、誰の攻撃を何発耐えるかをいつもより考えながら調整しました。

 

以上のように、流行のポケモンに加えて、制限ルールという広い意味での環境をいかにメタるかを考えて構築を組むのが重要だと考えました!そこそこ良い結果を出せたのでこの考え方は間違っていないと思います!

それでは長々と説明しましたが、今回の構築について経緯と個体解説をしていきます。

 

構築の組み始め

相手のスカーフケアをしなくていいし、最も高火力で先制技が打てるf:id:omayupoke:20200901023012j:plainがダントツで一番強いと考えました。ダメージ計算をしていると、ステルスロック剣舞珠グラスラで縛れるポケモンがかなり多かったため、珠f:id:omayupoke:20200901023012j:plainを通すことを目標に構築を組みました。

 

構築経緯

 

 f:id:omayupoke:20200901023012j:plainを通す上で、安定してステルスロックを撒くポケモンが必要だったので、f:id:omayupoke:20210321234049j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plain全てに強く出られ、相手の積み技も広くケアできる天然f:id:omayupoke:20201201213151j:plainをステロ要員で採用しました。さらに、ゴリラは強烈にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901023003j:plainを誘うので、それらに有利対面を作りながらステロを撒けるHDオボンf:id:omayupoke:20201027205127j:plainを採用しました。f:id:omayupoke:20200901023012j:plainと相手のf:id:omayupoke:20200901022158j:plainが対面するときついので、f:id:omayupoke:20201201213151j:plainとも相性がよく、受けきることができるHBf:id:omayupoke:20210316170636j:plainを採用しました。f:id:omayupoke:20200901023012j:plainが通しづらいf:id:omayupoke:20210322003209j:plainf:id:omayupoke:20210322003221j:plainf:id:omayupoke:20201027194304j:plainあたりを意識し、対面させて裏にまで負荷を掛けられるアナライズ眼鏡f:id:omayupoke:20200901021606j:plainを採用しました。最後に、f:id:omayupoke:20200901023012j:plain剣舞する際に欠伸や吠えるなどの補助技でケアされるのが嫌だったので、それらを全て跳ね返しつつ受け構築に強く出られるポケモンとして残飯f:id:omayupoke:20210201000448j:plainを採用しました。以上の経緯で、f:id:omayupoke:20210201000448j:plainf:id:omayupoke:20201201213151j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210316170636j:plainf:id:omayupoke:20201027205127j:plainf:id:omayupoke:20200901023012j:plainという並びで構築が完成しました。


個体解説

f:id:omayupoke:20200901023012j:plain

ゴリランダー@いのちのたま

性格: いじっぱり

特性: グラスメイカ

技構成: グラスラ/はたき/ばかりき/剣舞

実数値: 175-194(252)-111(4)-*-90-137(252)

調整意図:

S: 耐久サンダーを抜くため準速

A:

ステロ+剣舞グラスラ

無振りf:id:omayupoke:20200901022158j:plainを確1、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainを乱数93%、f:id:omayupoke:20200901023035j:plainf:id:omayupoke:20200901023003j:plainを乱数68%

剣舞馬鹿力

HBf:id:omayupoke:20210131235343j:plain、HBf:id:omayupoke:20201231201107j:plainを確1

剣舞はたき

 HBf:id:omayupoke:20210322004723j:plainを確1

解説:

本構築のダントツMVP。化け物級の強さでした。ほとんどこいつを通して試合を決めました。ドサイドンに対して水ウーラオスがよく出されるので、ステロを撒いてから水ウーラオスを起点に剣舞するだけで勝てます。麻痺を引こうが相手が速かろうが、先制技でほとんどのポケモンを縛れるのが偉すぎる。。

 

f:id:omayupoke:20201201213151j:plain

ピクシー@ゴツゴツメット

性格: ずぶとい

特性: てんねん

技構成: ムンフォ/月の光/瞑想/ステロ

実数値: 202(252)-*-137(252)-115-110-81(4)

調整意図: ウーラオスガブリアス意識でHB

解説:

構築の軸。ステロ要員その1。第2MVP。特性てんねんのおかげでガブリアスに無限回後出しできるのが強すぎました。そもそもこいつ1匹で詰んでる構築もあって環境に刺さってました。ステロを早めに撒くことで、相手は削れたピクシーを見て「受けを崩せた!」って勘違いして裏から出てくるゴリラにボコボコにされてました。ウインディと受けサイクルで詰ませるというプランも立てられたので、戦略の幅が広がって大活躍でした。

 

f:id:omayupoke:20201027205127j:plain

ドサイドン@オボンの実

性格: しんちょう

特性: ハードロック

技構成: 地震/ロクブラ/剣舞/ステロ

実数値: 221(244)-160-158(60)-*-111(204)-60

調整意図:

HB: エースバーンの膝をオボン込みで2耐え

HD: 余りをぶっぱ

解説:

ステロ要員その2。相手がサンダーを出してきそうな時のステロ要因。ゴリラが重い構築が多かったので、サンダーの選出を強要させてからドサイドンで縛ってステロを撒く動きが強かったです。耐久サンダーに勝てないから仕方なく剣舞を採用しました。炎技が欲しい場面も結構ありましたが、抜く技がないので諦めました。

 

f:id:omayupoke:20210316170636j:plain

ウインディ@あつぞこブーツ

性格: ずぶとい

特性: いかく

技構成: 放射/鬼火/吠える/朝の日差し

実数値: 197(252)-*-145(252)-120-100-116(4)

調整意図: HBぶっぱ

解説:

ヒヒダルマやエースバーンに抗うための物理受け。ヒヒダルマもエースバーンも結構多かったからいっぱい選出しました。ただ、痺れたり1撃技食らったり鬼火は1撃技よりも当てる確率が低くて散々でした。こいつのせいで何回も大事な試合を落としました。鬼火が8割当たればスパチャレ環境最強の一角になれると感じました。

 

f:id:omayupoke:20200901021606j:plain

ジバコイル@拘り眼鏡

性格: ひかえめ

特性: アナライズ

技構成: 10万/ラスカ/ボルチェン/ボディプレ

実数値: 166(244)-*-140(108)-174(148)-104-67

調整意図:

HB: ヒヒダルマのつらら3耐え

C: 無振サンダーを10万で確1、その他色んなポケモンを確1

S: アナライズを発動させるために個体値低め

解説:

昔から愛用しているサイクル崩し要因。等倍ならほとんどのポケモンを1撃で落とせるので強すぎました。ゴリラが苦手な氷タイプがいたり、刺さってる時は積極的に初手から出して、相手のポケモンを1匹倒してからウインディピクシーで受け回して勝ち切る動きが強かったです。ヒヒダルマが拘ってつららを打ってくることが多いので環境的に追い風でした。

 

f:id:omayupoke:20210201000448j:plain

ブリムオン@残飯

性格: ずぶとい

特性: マジックミラー

技構成: ショック/ドレキス/瞑想/守る

実数値: 161(228)-*-161(252)-160(30)-123-34

調整意図:

H: 残飯回復効率最大

HB: 鉢巻ウーラオスの暗黒強打確定耐え

解説:

こいつも最近愛用してるポケモン 。構築にいるだけで展開阻止力があって、構築から外せない病気にかかってます。ウーラオスガブリアスにも強いので環境的にはかなり追い風でした。ウインディで鬼火を撒いてからブリムオンで起点にして相手を詰ませる動きも強かったです。ヒヒダルマ対面は守るを採用しているので初手に相手の技を縛ってから、突っ張るか裏で受けるか判断できるのが強かったです。

 

最後に(スパチャレの感想)

スパチャレ環境は、運ゲの押し付け合いで正直想像以上につまらなかったです。終始運が悪くて、いつか上振れると信じて潜り続けたのに何回も麻痺や初手急所で破壊され、ゲームエンドでした。構築の完成度が高く、1位も目指せる位置にいただけあって非常に悔しいです。

とはいえ、こういう制限ルールでの強い構築の組み方を会得したことは自分にとってかなりプラスだと思っています!そういう意味では参加してよかったです!

 

この悔しさは必ずランクマッチにぶつけます!!!

 

スペシャルサンクス

・スパチャレ環境を一緒に切磋琢磨してくれたAIM-HIGHのみんな

・フレ戦で一緒に特訓してくれたルセリアさん、ぷくさん、グンたろうさん

・ピクシーの孵化厳選をしてくれた彼女

・珠ゴリランダー

【シングル単体考察】必殺受け崩し型両刀テテフ

こんにちは、おたけです。

 

S16の序盤に黒バドと相性がいい受け崩し要因を考えていた時に思いついたカプテテフの型紹介記事です!かなり使用感が良かったんですが残念ながら諸事情で構築から外れてしまったので、どうせなら記事にしようと思い、書いてみました。テテフが好きな方、黒バド使っている方は是非参考にしてみて下さい!

 

f:id:omayupoke:20210316200323j:plain

カプ・テテフ@いのちのたま

性格: おっとりorうっかりやorれいせい

特性:サイコメーカー

技構成: サイコショック/かみなり/じゃれつく/めいそう

実数値: 145-137(252)-95-200(252)-135-104(4)

(れいせいで計算)

調整意図:

サイコフィールド下ダイサイコでどんなムゲンダイナも確定1発

ダイサンダーでH振りテッカグヤ確定1発

ダイフェアリーでH振りバンギラスを81.2%で1発

サイコフィールド下サイコショックでB特化H無振りラッキーを確定2発

 

解説

受け殺し型の両刀テテフです!対受け構築で、黒バドレックスを通す際に最も弊害となってくるHDバンギラスを誘い殺しします。ムゲンダイナと対面させた時、高確率でバンギラスに引いてくるので、そこにダイフェアリーを合わせて1撃で処理します。相手の構築にテッカグヤがいる場合は一旦様子見し、奇襲をかけるタイミングを見計います。ラッキーは基本的に瞑想+ショックで簡単に倒せます。ダイナ軸だけでなく、受け系の構築には基本的にイージーウィンできます。

 

苦手な構築

受け系以外の構築

ヒードラン入りの受け構築

 

所感

一時期構築に入れていて、使用感はかなりよかったです!受け系の構築とマッチングした瞬間ニチャニチャしてました(笑)。受け以外の対策に追われてしまい、自分の構築からは外れてしまいました。受けに勝てなくて困っている方や、テテフ黒バドの並びが好きな方は是非参考にしてみて下さい!!

【剣盾S14】ブリムオン始動攻めサイクル【最終258位、最終レート2002】

こんにちは、おたけです!

 

今期はポケモン対戦を始めてからずーーっと夢見ていたレート2000を達成することができました!!せっかくなので今期も記事を残そうと思います。来期から環境が変わってあまり参考にはならないと思いますが、是非最後まで見ていってください!

 

構築紹介

 

【結果】

TNおたけ 最終258位 最終レート2002

 

【使用構築】

f:id:omayupoke:20210131234007j:plain

※レンタルコードは消します

 

構築の組み始め

いつもは環境で戦えそうな強い1つの動きを軸にしていましたが、今期はその軸を序盤からいくつも考え、それらの動きを組み合わせて構築を作りあげるイメージで構築を組みました。時系列的に説明していきます。

 

全体のコンセプト

自分が最も得意な攻めサイクルしか勝たん!と思って、今期は初めから攻めサイクル構築を作ると決めて序盤から構築を練っていました。

・とにかく初手で有利を取る

・純正受けや、受け攻めに強い並びにする

ことを意識して組みました。

シーズン序盤

S13に流行った砂かきf:id:omayupoke:20201231190238j:plainに後出しから対応できて、f:id:omayupoke:20200901044604j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainなどのステロ展開を止めつつ裏に圧力をかけられる初手要因として鉢巻連撃f:id:omayupoke:20200901022947j:plainを採用し、構築を組み始めました。

シーズン中盤

f:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainがめちゃくちゃ流行していたので、f:id:omayupoke:20200901022947j:plainの蜻蛉から有利対面を作って一気に崩せるアナライズ眼鏡f:id:omayupoke:20200901021606j:plainが刺さると思い、連撃f:id:omayupoke:20200901022947j:plainとも相性が良いので採用しました。

シーズン後半

鉢巻一撃f:id:omayupoke:20200901022947j:plainが流行していたので、初手のf:id:omayupoke:20200901022947j:plainに有利を取れて、かつ流行りのf:id:omayupoke:20210201000355j:plain展開も阻止できるし、初手f:id:omayupoke:20201201220657j:plainにも強く出られて受けにも強いHB残飯f:id:omayupoke:20210201000448j:plainを初手要因として採用しました。

相性補完

f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainと相性が良いクッションポケモンとして、HBアッキf:id:omayupoke:20201201211858j:plainを採用しました。初手でf:id:omayupoke:20210201000448j:plainが不利をとるf:id:omayupoke:20200901023035j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainあたりと戦えるクッションとしてHDf:id:omayupoke:20210131235343j:plainを採用し、最後に電気の一貫を切りつつ、サンダーに強くて上記ポケモン達と相性がよく、受けに強いHDf:id:omayupoke:20210201001111j:plainを採用し、f:id:omayupoke:20210201000448j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210201001111j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainという並びで構築が完成しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20210201000448j:plain

ブリムオン@残飯

性格: 図太い

特性: マジックミラー

実数値: 161(228)-*-161(252)-160(30)-123-34 (最遅)

技構成: ショック/ドレキス/瞑想/守る

調整意図:

H: 16n+1

HB: 鉢巻一撃ウーラオスの暗黒強打確定耐え

C: 残り

最遅にするメリットは多分ないです

役割対象: f:id:omayupoke:20210201000355j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20201201220657j:plainf:id:omayupoke:20210201003202j:plainf:id:omayupoke:20210201003216j:plainなど

解説: 

本構築のMVP。初手要因。シーズン終盤に思いついて最初は立ち回りに苦戦しましたが、慣れてくると本当に強い動きができる最強ポケモンでした!物理受けがアッキf:id:omayupoke:20201201211858j:plainなので、相手のステロ展開を阻止できるのが本当に偉かったです。守るを搭載することで、相手のダイマを枯らしたりf:id:omayupoke:20210201003202j:plainの投げ連打にも打ち勝つことが可能です。おたけを2000の大台に連れて行ってくれてありがとう、、

 

f:id:omayupoke:20200901021606j:plain

ジバコイル@眼鏡

性格: ひかえめ

特性: アナライズ

実数値: 145-*-136(4)-200(252)-142(252)-71

技構成: ラスターカノン/10万/ボルチェン/守る

調整意図:

CDぶっぱ

ポリ2の下からアナライズを発動させるためにSの個体値を少し落としています

役割対象: f:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20210201004837j:plainなど

解説: 

相手のサイクルを崩壊させる役割。以前に初めて最終3桁を取った時に愛用していて使い慣れていたので採用しました。サイクルの中で有利対面を取った時の破壊力がすさまじかったです。ダイジェットを4分の1で受けられるのが偉くて、守ると合わせて相手のダイマターンを枯らす動きもできます!今期もお世話になりました!

 

f:id:omayupoke:20210201001111j:plain

霊獣ボルトロス@オボンの実

性格: ひかえめ

特性: ちくでん

実数値: 183(228)-*-97(52)-187(36)-121(164)-125(28)

技構成: ボルチェン/気合玉/悪の波動/悪巧み

調整意図: 

どこかの記事の調整を参考にしました(忘れてゴメンナサイ)

役割対象: f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20210201005829j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainなど

解説: 

サンダー受け。受けル崩し要員。構築がボルトラオス構築に見え、拘ってる読みをされるので悪巧みがぶっ刺さってました。何故かf:id:omayupoke:20201231201107j:plainf:id:omayupoke:20210201005829j:plainを後投げされることが多くて、悪巧みからの気合玉でぶっ飛ばしてました。電気の一貫を切ることでサンダーのボルチェンサイクルを阻止できるのがとても偉かったです。特に終盤は選出率も高く、大活躍でした!

 

f:id:omayupoke:20210131235343j:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格: なまいき

特性: アナライズ

実数値: 192(252)-100-110-126(4)-161(252)-69
技構成: から元気/アイテ/冷ビ/再生

調整意図: 

HDぶっぱ。Sの個体値は少し落としてます

役割対象: f:id:omayupoke:20210201004837j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20200901023035j:plainなど

解説: 

構築の特殊受け。使い慣れていないこともあってそんなに活躍はしなかったですが、相手のダイマを枯らすという面ではそこそこ貢献してくれました。硬くて高速回復技があるポケモンは上手く使えばめちゃくちゃ強いということが分かりました。



f:id:omayupoke:20201201211858j:plain

カイリュー@アッキの実

性格: わんぱく

特性: マルチスケイル

実数値: 191(196)-154-159(236)-*-120-110(78)

技構成: 竜舞/羽休め/ダブルウイング/逆鱗

調整意図: 

S: +1で最速ウーラオス抜き

残りHB

役割対象: f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201231223159j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainなど

解説: 

本構築の物理受け。たいていの物理ポケモンは羽休めしているだけでダイマターンを枯らせます。ステロには弱いですが、f:id:omayupoke:20210201000448j:plainがそれを阻止してくれるので受けとして大活躍でした!ミミッキュは一見不利ですが、アッキを食べれば龍舞で上を取ってダブルウイングで大抵の対面は勝てます。最強なたでここはカイリュー強くないって言ってたけど自分を信じて使い続けました。(笑)

 

f:id:omayupoke:20200901022947j:plain

ウーラオス(連撃)@拘り鉢巻

性格: 陽気

特性: 不可視の拳

実数値: 175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)

技構成: 水流連打/インファ/蜻蛉/かンチ

調整意図: 

ASぶっぱ。最速。

役割対象: f:id:omayupoke:20200901044604j:plainf:id:omayupoke:20201027205127j:plainf:id:omayupoke:20201201204423j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201231190238j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainなど

解説: 

本構築の第2MVP。スカーフに見せかけた鉢巻が強すぎました。地面タイプにめっぽう強いので、f:id:omayupoke:20201202054806j:plainなどの交換を読んで蜻蛉でf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210201001111j:plainを合わせる動きがめちゃくちゃ強かったです。なにより、ダイマしなくても命中安定の高火力を出せるのが強すぎました。今まであまりウーラオスを構築に入れてこなかったですが、こんなに強いと思っていませんでした。

 

選出・立ち回り

今期は基本選出を決めませんでした。相手に刺さってるポケモンを柔軟に選出しました。そのような選出ができるように構築単位でどのポケモンも相性良く使えるように意識して組みました。

 

多かった選出

f:id:omayupoke:20210201001111j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plain

初手サンダーにレボルトを合わせて、悪巧みで圧力をかける。地面タイプが来たらウーラオスを投げて鉢巻の火力を押し付けていく。数的優位を取った後のダイマカイリューが枯らして切り返す。

 

f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plain

ウーラオスで相手のレヒレを誘って蜻蛉でジバコイルを合わせ、相手のサイクルを一気に崩壊させる。ジバコイルの苦手な炎、地面、格闘はカイリューで受ける

 

f:id:omayupoke:20210201000448j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plain

初手ブリムオンで瞑想を積んで相手に圧力をかけ、相手のダイマは守る+ポリカイリューで枯らす。

 

他の選出パターンもいっぱいあるし、どのポケモンも割と選出しました。

 

最後に

先期に悔しい思いをしたので、今期は序盤から構築を作りまくって常に上位をキープしながら戦っていました。最終日前日には自己最高レートを2ロムとも更新して、これはレート2000狙えるぞ、、!と期待高まっていたところ、最終日は下振れの連続でロムを1つ溶かしてしまいました。また今期も2000に乗れずに終わってしまうのかと不安と絶望に駆られながらも、いつも2000に乗ってないのに記事書いてバズったりしてバカにされてきたので、こんなところで諦めてられない!と強い気持ちで最後のロムで特攻しました!最後の数戦はちゃんと上振れてくれて、長く夢見てた強者の壁、レート2000を達成できました!!!絶対にあきらめずに強くなるという気持ちを持ち続けたことがやっと実った感じで本当に感慨深いです。仕事やプライベート、シーズン8の環境的に来期以降はそんなにポケモンを頑張る気はないですが、いつかまたレート2000、さらには2050と目標を掲げて頑張りたいと思います!いつも応援してくれている方々本当にありがとうございます!!

 

スペシャルサンクス

・いつも刺激をくれるAIM-HIGHのライバルたち

・応援してくださっているFFのみなさま

 

【剣盾S13】水の呼吸!輝け、エレザポスマンタドリーム【最終693位、最終レート1918】

こんにちは、おたけです。

 

今期も最終2000を目指して頑張りましたが、目標には届かず悔しい結果となりました。それでも最終3桁、最終1900以上は達成できたので記事に残そうと思います。楽しい構築にはなったのでお時間ある方はぜひ読んでみてください!

 

構築紹介

 

【結果】

TNおたけ 最終691位 最終レート1918

f:id:omayupoke:20210101114711j:plain

 

 

【使用構築】

f:id:omayupoke:20210101114010j:plain
※レンタルコードは消すかもです

 

今期の構築コンセプトは先期とそこまで変わらないので、いつもよりさらっと解説します。

 

構築の組み始め

先期に引き続き、f:id:omayupoke:20201201205106j:plainで地面タイプを誘いながら壁を張ってf:id:omayupoke:20201201205906j:plainの起点にする動きを構築の軸としました。

先期の構築記事はコチラ↓↓

omayupoke.hatenablog.com

基本選出の決定

先期はf:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainを基本選出としていましたが、f:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20200901022158j:plainに切り替えされることが多かったため、f:id:omayupoke:20201201210717j:plainをHBアッキf:id:omayupoke:20201201211858j:plainに変えてf:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainを基本選出としました。

 

裏選出の決定

ここからがドリームの始まりです。今期は先期よりもアタッカー型のf:id:omayupoke:20201231190238j:plainが大暴れしていました。上記の基本選出だとこのポケモンにボコボコにされてしまうので、f:id:omayupoke:20201231190238j:plainに強い裏選出を考えました。そこで思いついたのがf:id:omayupoke:20201231191007j:plain。このポケモンは基本的にドリュウズより遅いので、ダイロックを一発受けてからダイストリームで切り返すことが可能であり、採用に至りました。f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに対面は勝てないですが、後出しを許さないのも優秀です。万が一f:id:omayupoke:20201201204219j:plainと対面してしまった時の引き先としてf:id:omayupoke:20201027205127j:plainを採用し、f:id:omayupoke:20201231191007j:plainf:id:omayupoke:20201027205127j:plainを裏選出としました。

 

弱点の補完+型の調整

上記の5体ではf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainあたりが重いので、最後の枠にはダストシュートを搭載したタスキf:id:omayupoke:20200901022158j:plainを採用しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20201201205106j:plain
レジエレキ@ひかりのねんど

性格: ずぶとい

特性: トランジスタ

実数値: 160(36)-108-112(252)-144(194)-70-224(28)

技構成: 10万/両壁/大爆発

調整意図:

HB: A特化ゴリラのハチマキグラスラ確定耐え

S: 最速フェローチェ抜き

C: 残り

解説:

構築の軸。可愛い枠。初手要員。先期と同じ型なので省略します。

 

f:id:omayupoke:20201201205906j:plain
ブリザポス@食べ残し

性格: しんちょう

特性: しろのいななき

実数値: 193(140)-165-160(80)-*-162(140)-69(148)

技構成: つららばり/10万馬力/挑発/剣舞

調整意図:

H: 16n+1 (残飯回復最大効率)

HB: エースバーンの珠カキュウを壁下ダイマで被ダメ31~37% (化け物)

D: DL調整

S: 無振カバルドン抜き抜き

解説:

構築の軸。全抜きエース。こちらも先期と同じなので省略します。

 

 

f:id:omayupoke:20201231191007j:plain

ドリーム@いのちのたま

性格: ひかえめ

特性: すいすい

実数値: 160-*-101(84)-145(252)-160-112(172)

技構成: ドロポン/暴風/冷ビ/羽休め

調整意図: 

HB: ドリュウズの特化珠ダイロックをダイマ状態で確定耐え

C: 特化

S: すいすい発動時最速フェローチェ抜き

解説: 

今期のMVP。裏選出のダイマ枠。基本的には初手ダイマで荒らします。構築がf:id:omayupoke:20201201205106j:plain展開に見える関係で初手に地面を誘うので、初手で有利を取れることが多かったです。初手で有利対面ができた時は基本的に裏に通る技を打ちます。今の環境でこいつを後出しから受けられるのはHDポリ2のみなので、選出を間違えなければ荒らしは成功するし、相手のダイマを強烈に誘います。間違いなく最強ポケモンでした!ダイマ終了後も必中で暴風が打てたり、羽休めで相手のダイマを枯らしたりと場持ちもよかったです。実は昔から好きなポケモンで一度は使ってみたかったので、活躍させられて大満足です!輝けマンタインドリーム!

 

f:id:omayupoke:20201027205127j:plain

ドサイドン@フィラの実

性格: しんちょう

特性: ハードロック

実数値: 222(252)-160-151(10)-*-107(180)-69(68)

技構成: ロクブラ/地震/剣舞/ドリル

調整意図: 

HD: 珠サンダーのジェット2回で木の実発動

S: 無振カバルドン抜き抜き

解説:

f:id:omayupoke:20201231191007j:plainの相棒。サンダーに対して安定して後投げできるのが偉すぎました。サンダーの電気技をスカした後は積極的に交換読み交換を決めました。カイリューに対してもロクブラを当てながら羽のタイミングで剣舞を積んで優位に戦えたので、環境メタの一角だと思います。HDでも防御耐久も素晴らしく、初めて使った割に大活躍でした!受けルがきつすぎたからドリルを採用しましたが、エアームドに通らないので不発でした、、

 

f:id:omayupoke:20201201211858j:plain

カイリュー@アッキの実

性格: いじっぱり

特性: マルチスケイル

実数値: 198(252)-169-147(252)-*-120-101(4)

技構成: 竜舞/羽休め/ダブルウイング/逆鱗

調整意図: 

HBぶっぱ。間違えて意地で使ってたけど強かったからそのまま採用。

解説:

本構築のダイマ切り返し要員。f:id:omayupoke:20201201205906j:plainと有利不利の補完が取れていて、f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201231223159j:plainあたりを完全にストップできるのが偉すぎました。相手はブリザポスの処理に困って、なんとか切り返せたと思ったらこいつが詰ませに出てきて絶望してる姿が想像できて脳汁がいっぱい出ました。f:id:omayupoke:20201201205106j:plainが壁を張ってからこいつを出したらもう誰にも倒せないから積み放題。使ってて楽しかったです!

 

f:id:omayupoke:20200901022158j:plain
エースバーン@あつぞこブーツ

性格: ようき

特性: リベロ

実数値: 155-168(252)-95-*-96(4)-188(252)

技構成: 火炎ボール/不意打ち/ダスト/ビルド

調整意図: 

最速AS、DL調整

解説:

今期は技構成、道具ともにヤバイ型を使ってました。とにかく構築にステロが刺さるので、絶対に撒かれることを想定して厚底ブーツを持たせ、構築がレヒレに弱いのでダストを採用し、最強技のビルドアップを入れるとこんな型になっちゃいました。今期は補完要因なのでしょうがないかなと思います、、大活躍とまではいきませんでしたが、結構選出もしたしビルドが相手の考慮外の詰め筋になることが多くてギリギリで勝ちを何回も拾ってくれました!どのシーズンも絶対構築に入っている相棒です!今期もありがとう!

 

選出・立ち回り

・基本選出

f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plain + f:id:omayupoke:20201201211858j:plain or f:id:omayupoke:20200901022158j:plain

レジエレキで壁を張りながら地面を誘い、すぐにブリザポスに引いて起点にしていきます。極力相手のダイマを見るまではこちらからダイマは切らずにギリギリまで積みます。ブリザポスで荒らした後はカイリューで詰め、もしくはエスバでスイープします。

 

・裏選出

f:id:omayupoke:20201231191007j:plainf:id:omayupoke:20201027205127j:plain + f:id:omayupoke:20201201211858j:plain or f:id:omayupoke:20200901022158j:plain

ドリュウズなどブリザポスが苦手な地面タイプがいるときの選出。初手にマンタインを出し、対面勝てそうなら初手ダイマします。有利対面は積極的に裏に通る技を打ちます。サンダーと対面した場合は少しリスキーですが、ドサイドンに引いて受けてから釣り交換でもう一度マンタインを出すとサンダーの受け出しができなくなります。これが強かった。


最後に

今期は年末ながら本気で2000目指したいと思って頑張りましたが、かなり悔しい結果になってしまいました。レート1900から2000までの壁が高すぎて、いつまでたっても達成できないのではないかという不安に駆られている低迷期です。。とはいえ、ちゃんと毎回最終3桁には乗せられて安定はしてきているので、来期はもう一度ちゃんとポケモンと向き合い、必ずレート2000を達成したいと思います!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スペシャルサンクス

・いつも相談に乗ってくれたりお互い刺激し合ってライバルでもあるAIM-HIGHのみんな。今回はみんなに完敗だったので、来期は下剋上します!!

・今期構築のポケモンたち。

 

 

【剣盾S12】エレザポスが止まらない【最終756位、最終レート1942】

こんにちは、おたけです。

 

今シーズンは新環境でありながらも最終3桁に乗せられたうえに、自己最高レートを達成しました!!!

もう一度自分の思考を振り返るためにも、構築記事を書こうと思います。

今までで一番完成度の高い構築ができたので、是非参考にしてみてください!

 

構築紹介

【結果】

TNおまゆ 最終756位 最終レート1942

f:id:omayupoke:20201202055734p:plain

 

【使用構築】

f:id:omayupoke:20201201202428j:plain

※レンタルコードは消すかもです

 

今期も僕が過去に投稿した、「ポケモン初心者から最終3桁に辿り着くまでに必要な考え方」という記事で紹介した構築の組み方に沿って解説をしていきます。まだ読んでいない方は是非目を通してみてください!

(ポケモンの型だけ知りたい方は下の方まで読み飛ばしてください)

omayupoke.hatenablog.com

 

ざっとおさらいしておくと、

 

・構築の組み始め

環境で頻発する相手の行動に強い動きを構築の軸とする

 

・基本選出の決定

⇒なるべく対応範囲を広くし、不利対面を作らないようにする

 

・裏選出の決定

基本選出が苦手とする構築に強い、かつ対応範囲が広い選出にする

 

・弱点の補完+型の調整

⇒基本選出+裏選出でも苦手なポケモンにめっぽう強いポケモンをラストに添える

 

ざっくりこんな感じです。詳しく知りたい方は上述の記事を読んでみてください。

上記を踏まえ、今期にどのような戦略で構築を組んだか説明します。

 

構築の組み始め

今期の後半は、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainを中心に環境が回っていました。f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201201204234j:plainの並びが流行したり、f:id:omayupoke:20201201204423j:plainが増えたりとみんなサンダー対策に試行錯誤するぐらいf:id:omayupoke:20201201204219j:plainが強かったです。そこで今期は、サンダーに強く、かつ環境で頻発する相手の行動をメタれる動きができるポケモンを探していました。相手の動きをメタるには、相手の行動がかなり限定的になるポケモンを使うといいのではと考えたので、サンダーに強く、かつ強烈に地面タイプを誘うf:id:omayupoke:20201201205106j:plainを選出し、相手の地面タイプ受け出しに対して壁を張って裏のポケモンで起点にする動きを構築の軸としました。

 

基本選出の決定

次に、壁を張った後に相手の地面タイプ、特に今期だとf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを起点に積んでいける、かつサンダーに強いポケモンとしてf:id:omayupoke:20201201205906j:plainを採用しました。最後の1匹は対面性能が高く、対応範囲も広いポケモンが理想だったのでf:id:omayupoke:20201201210717j:plainを採用し、f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainを基本選出としました。

 

裏選出の決定

実は、この基本選出で構築を組む前はタスキ堪えるf:id:omayupoke:20200901023012j:plainの対面性能&初手ダイマストップ性能に惚れてf:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainの対面選出を軸としていました。しかし、環境が進むにつれてf:id:omayupoke:20201201204219j:plainが増加するとf:id:omayupoke:20200901023012j:plainが一方的にやられて負けてしまうことが多くなり、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに強い基本選出を考え直したという経緯がありました。なので、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201201211847j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainなどのf:id:omayupoke:20200901023012j:plainに強いポケモンがいる場合は上記の基本選出f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainが刺さり、これらがいない場合は裏選出が刺さるという補完が取れていたためf:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainを裏選出としました。

 

弱点の補完+型の調整

壁+積み技の展開はf:id:omayupoke:20201201213137j:plainf:id:omayupoke:20201201213151j:plainなどの天然ポケモンに弱いので、これらに強く出られ、かつ選出圧力の強い鉢巻f:id:omayupoke:20201201204234j:plainを採用し、構築が完成しました。型の調整については以降の【個体紹介】で詳しく解説します!f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainの2体は自分で必死に調整を考えて大活躍したので、是非参考にしてみてください!

 

個体紹介

 

f:id:omayupoke:20201201205106j:plain

レジエレキ@ひかりのねんど

性格: ずぶとい

特性: トランジスタ

実数値: 160(36)-108-112(252)-144(194)-70-224(28)

技構成: 10万/両壁/大爆発

調整意図: 

HB: A特化ゴリラのハチマキグラスラ確定耐え

S: 最速フェローチェ抜き

C: 残り

解説: 

構築の軸。可愛い枠。初手要因。壁を安全に張るために、環境上位ポケモンのどんな技を食らっても一撃で落ちないような調整をしました。Sも最速f:id:omayupoke:20201201220657j:plain抜きまで振っているのでスカーフ持ち以外のポケモンは上から壁を張って仕事できます。初手にf:id:omayupoke:20201201205521j:plainと対面した時は、上からリフレクを張って地震を1発耐えてから、裏のf:id:omayupoke:20201201205906j:plainに引いて剣舞していきます。電気技が通る相手には積極的に10万を打っていきます。Sが速いので、壁を張った後は爆発で退場するのではなく、HPを残した状態で裏に引いておけばラス1対面でもう1度仕事してくれました。準伝環境でみんなゴリゴリしている中、かわいくぴょんぴょんしててめちゃ癒された。

 

f:id:omayupoke:20201201205906j:plain

ブリザポス@食べ残し

性格: しんちょう

特性: しろのいななき

実数値: 193(140)-165-160(80)-*-162(140)-69(148)

技構成: つららばり/10万馬力/挑発/剣舞

調整意図: 

H: 16n+1 (残飯回復最大効率)

HB: エースバーンの珠カキュウを壁下ダイマで被ダメ31~37% (化け物)

D: DL調整

S: 無振カバルドン抜き抜き

解説: 

本構築の軸であり、ダントツのMVP。f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20200901044604j:plainを誘いながら壁を張り、すぐにf:id:omayupoke:20201201205906j:plainに引いて剣舞を積んでいく。元々はラムや弱保などの別の持ち物を考えたんですが、ほとんどのポケモンに先に動かれてHPがどんどん削れていってしまうので微妙でした。そこで、残飯を持たせて毎ターン回復しながら積んでいくという戦略に変えたらこれが見事にハマりました。壁+ブリザポスの耐久力+残飯でほとんど被ダメなく剣舞を積むことができます。この記事を見て興味を持った方は一度使ってみてほしい。バカみたいな耐久力しているので、、ラムを持たせられなかったので、欠伸や宿り木などの補助技は挑発でストップすることにしました。これによって相手の受け選出にも強くなり、ドヒドナットエスバの並びをこいつ1匹で破壊したときは叫びました。このポケモンに辿り着いたのが最終日の3日前くらいだったので、最後まであきらめずに強い構築を考え続けたことが功を奏したと思いました。本当にこのポケモンに助けられました。ありがとう。今度ご飯ぐらい奢ってあげたい。

 

f:id:omayupoke:20200901023012j:plain

ゴリランダー@きあいのタスキ

性格: ようき

特性: グラスメイカ

実数値: 175-177(252)-111(4)-*-90-150(252)

技構成: グラスラ/はたき/がむしゃら/堪える

調整意図: 

がむしゃらをなるべく上から打つため最速のAS

解説:

本構築の第2MVP。裏選出の初手要因。この構築はf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainなど相手視点はf:id:omayupoke:20200901022158j:plainがめちゃくちゃ刺さっているのでよく初手に選出されます。そこにこのポケモンを合わせ、相手の攻撃をタスキで耐えてからがむしゃらで削り、ふいうちがなければそのまま突破できます。堪えるを搭載することで、相手の初手ダイマも完全にストップすることが可能です。1ターン目がむしゃらでダイマポケモンを半分削り、2ターン目堪えて3ターン目グラスラで削ればだいたい裏のf:id:omayupoke:20201201210717j:plain剣舞影打ち圏内に入ってくれます。有利対面は積極的にはたきを押して裏のポケモンの持ち物を落としていきます。序盤はこのポケモンが順位を爆上げしてくれたので本当に助かりました。ありがとうゴリラ。

 

f:id:omayupoke:20200901022158j:plain

エースバーン@いのちのたま

性格: ようき

特性: リベロ

実数値: 155-168(252)-95-*-96(4)-188(252)

技構成: 火炎ボール/飛び跳ねる/ダスト/ビルド

調整意図: 

ミラーで仕事をするために最速AS、DL調整

解説:

今期はf:id:omayupoke:20201201204219j:plainに最強ポケモンの座を譲ることとなりましたが、このポケモンの強さも健在でした。今期はHBf:id:omayupoke:20201201205521j:plainの増加によって完全にストップされることが多くなったため、以前の環境よりも技や型を工夫して立ち回りました。とにかくf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを受け出しされることが多いので、そこに合わせてビルドを積んで全抜きを狙っていく珠ビルド型を採用しました。というか、今の環境でエースバーンを通すためにはこの型しかないかなと思います。f:id:omayupoke:20201202054806j:plainで受けてくる人もいるので、ダストシュートを採用してさらに全抜き性能を高めました。実はS1から相棒として使い続けているポケモンなので、今期も構築に入れられて、十分活躍してくれたので最高です!火炎ボールのエフェクトいつ見てもかっこいいし、当てて相手のポケモンが倒れたときは興奮します。(笑)

 

f:id:omayupoke:20201201210717j:plain

ミミッキュ@アッキのみ

性格: いじっぱり

特性: ばけのかわ

実数値: 135(36)-154(236)-122(176)-*-125-124(60)

技構成: じゃれ/かげうち/ドレパン/剣舞

調整意図:

どこかから適当に引用した調整。Bに厚くして対面性能を高めた型。

解説:

特に解説することもない、普通のアッキミミッキュf:id:omayupoke:20201201205906j:plainで荒らした後に最後の詰め要員として使うか、相手のダイマを枯らして切り返す要員として使うことが多かったです。強すぎて何も言うことないです。以上。今期も助かりました。

 

f:id:omayupoke:20201201204234j:plain

ウオノラゴン@こだわりハチマキ

性格: ようき

特性: がんじょうあご

実数値: 165-142(252)-121(4)-*-100-139(252)

技構成: エラガミ/逆鱗/岩封/守る

調整意図: 

なるべく上をとるため最速AS

解説:

f:id:omayupoke:20201202061502j:plainf:id:omayupoke:20201202061519j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainのような中速ポケモンが多い相手に対してたまーに選出して破壊していました。このポケモンはとにかく相手への選出圧力がすごいので、選出画面にいるだけで大活躍してくれました。f:id:omayupoke:20201201205106j:plainと並べると流行りのレジノラゴン構築に見えるため、壁からのf:id:omayupoke:20201201205906j:plain展開が読まれにくくなってよかったと思います。選出率はぶっちぎりの最下位。シーズン序盤はスカーフ持たせてエラガミしてるだけで勝てたので、一瞬で上位まで連れて行ってくれてその節は助かりました。ありがとう。

 

選出・立ち回り

1.基本選出

f:id:omayupoke:20201201205106j:plainf:id:omayupoke:20201201205906j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainorf:id:omayupoke:20200901022158j:plain

初手にレジエレキで壁を張ってからすぐにブリザポスに引いて脳死剣舞していきます。レジエレキが勝手にランドやゴリラなどの起点を引き連れてくれるので、立ち回りも簡単で使いやすいです。問題は剣舞を積んでからどこでダイマを切るか。うまく壁やダイマターンを枯らされると負けます。

 

2.裏選出

f:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainf:id:omayupoke:20200901022158j:plainorf:id:omayupoke:20201201204234j:plain

ブリザポスが刺さっていない時はだいたいゴリラが刺さっているのでこの選出にします。初手はゴリラで、はたいたりがむしゃらを打って全抜き環境を整え、ミミッキュかエースバーンで相手を詰めにいきます。初手ダイマはタスキ堪えるで枯らしてから裏のポケモンを展開します。

 

最後に今期の感想

実は今まで、環境が変わった最初のシーズンはまだ最終3桁に入れておらず、うまく結果を残せませんでした。環境の変化についていけず、ずっと同じ構築を使い続けて勝率がどんどん下がるということを繰り返していたので、今期は何としてでも環境の変化に食らいつき、最後の最後まで環境に応じた強い動きを考え続けようと決意して潜り続けていました。それが功を奏し、最終日の3日前にこの並びを思いついて、無事に最高レートを取ることができました!!最後まで考え続けることがいかに重要か、思い知らされました。。最終日は10000位のサブロムも一瞬で1000位付近まで上がり、構築も強くて調子も良かったのでこれはレート2000を目指せるぞ、、!と思っていたんですが、そこから朝にかけてはずっと下振れで運が全く味方してくれませんでした。本当に悔しい。。ただ、今期は最終日下振れたにもかかわらず自己最高レートを取れるぐらいにはポケモンが強くなったなあという実感もあり、結果的にはとても満足したシーズンでした。なにより、最終日に仲間と助け合いながら皆がそれぞれの目標に向かって全力で戦い続けて本当にめちゃくちゃ楽しかったし、どこか感慨深いところもありました。このゲームを始めた頃はまだ勝てないし一緒に楽しむ友人もいなかったので、その頃に比べれば努力の成果も出ているし、ポケモンの事を話せる友人も増えて、twitterで絡んでくれる人や、記事を見て構築相談してくれる人がいたり、当初思い描いていた「ゲームを楽しむ」ということが形になってきていて最近は本当に充実しています。僕と一緒にポケモンを楽しんでくれている人全員に感謝しています。いつか絶対にレート2000、最終2桁取るぞ!!

 

スペシャルサンクス

・最終日ずっと通話しながら応援、アドバイスをくれたmischaさん。最終レート2000達成おめでとう!

・いつも相談に乗ってくれたりお互い刺激し合ってライバルでもあるAIM-HIGHのみんな。

・最高に楽しい最終日を経験させてくれた今期構築のポケモンたち。