おたけのおへや

ポケモン剣盾シングルレート専用。結構独特の型や構築を考えるので、参考になれば幸いです。

ランクマガチ勢がポケカに本気で挑戦して学んだこと

こんにちは、おたけです。

今回、シングルバトルガチ勢の僕がポケカという新しいジャンルにチャレンジし、練習期間が短期間であったにもかかわらずシティリーグベスト4という結果を残すことができました!

その中で、ポケカが強くなるために必要な要素がシングルバトルのそれとかなり共通している部分が多かったり、一方で、ポケカを経験したことで、シングルバトルにも活かせるような新たな成長を感じられた部分もあったので、それをこの記事で言語化し、備忘録として残しておこうと思います。これからポケカを始めようか迷っている方、バトルマスターのために初心者でもポケカで結果を出したいランクマ勢の方に参考になれば幸いです!

 

まえがたり

7ヶ月も続く禁断2体環境に飽きつつある中、バトルマスター決定戦という、シングルバトルとポケカ両方の強さを競う公式大会の開催が告知されました。僕はシングルガチ勢かつポケカも少しかじっていたので、バトルマスターで本戦に残ることを目標に、ポケカもガチで頑張ることにしました。2022年6月までの結果がポイントに反映されることを知ったのが4月だったので、かなり短期間でポケカを上達する必要がありました。

新参者であり、かつ短期間での結果が求められるため、普通の思考でデッキを組んでも絶対失敗するだろうなと思っていました。また、自分が加速度的に成長するためには、これまでシングルバトルで培ってきた経験をフルに活かすことが必要だと思いました。

 

実践したこと

まずは強い人のデッキレシピを使って何回か店舗大会に参加し、「シングルバトル」と「ポケカ」の間に存在する共通項を探しました。その共通項に対する「シングルバトル」の経験から得られたノウハウを「ポケカ」にヨコテンし、応用するという作戦を取ることとしました。

共通項

・トレンド「環境」が変化し続けるメタゲームである

・安定行動、負けに直結しない選択、立ち回りが重要である

・運が絡む確率論のゲームである

・「役割」を意識した構築作りが重要である

 

ざっと挙げるとこんな印象でした。それぞれの項目について、シングルバトルの経験ですでに持っているノウハウを整理しました。

・メタゲーム思考

流行の構築に対して高い勝率を出せて、かつそれ以外の構築にも5分以上の戦いができる構築を目指す

・安定行動

常に最もされたくない動きから想定し、確率の天秤にかけてそれをケアすべきかどうか判断していく

・確率論のゲーム

運負けをいかに減らせるかが大事。下振れにくく、上振れのメリットが大きい構築作り

・「役割」を意識した構築作り

特定のポケモンをメタるためのピンポイント採用はなるべく控え、相手の複数のポケモンを複数で見るような役割分散の考え方が必要

 

これらの考え方やノウハウを、ポケカに応用してデッキを構築しました。

 

・メタゲーム思考

環境トップのパルキアVstarとミュウVmaxは、どんなデッキタイプに対しても5分以上の戦いができるパワーがある

→「ミラーに強いパルキアデッキ」を最終目標としてデッキを組む

→クロススイッチャーを4枚採用した、2-2-2プランを取りやすいデッキタイプを採用

 

・安定行動

対戦中のプレイングの問題なので割愛

 

・確率論のゲーム

パルキアデッキは、最初のターンでパルキアとメッソンをいかに並べられるかが極めて重要である

→初動の安定性を重視し、初動事故率が2割以下であるデッキを目指す

→バトルVIPパスを最低3枚採用する

 

・「役割」を意識した構築作り

流行りのデッキに対するメタカードは、事故札になりやすいというトレードオフの関係がある(役割が限定的すぎる)

→事故札になりうるメタカードの採用はせず、安定札になりつつ流行りのデッキにも強く出られるような役割分散札を採用する

パルキアミラーで勝つためにはダンデによる火力増強やツツジのハンド干渉による捲りが一般的だが、それらのカードは事故札になるため採用しない。代わりに、ふしぎなアメを採用することで、手札にインテレオンが嵩張った時に消費できる安定札になりつつ、クイックシューターを早めに打って火力増強にもなることに気づき、役割分散札として採用。また、ツツジはマリィに変更し、序盤に引いても手札のリセットとして使え、終盤は相手のハンド干渉からの捲りを狙える役割分散札とした。

 

上記の考え方に基づき、当時の環境にはほとんど存在しなかった「スイッチャー×4、VIPパス×3のハイブリッドパルキア」をデッキの軸とし、ふしぎなアメを駆使して早急にクイックシューターのインテレオンを立て、確実に2-2-2のサイドプランを通すデッキを構築しました。

この考え方が功を奏し、直近の戦績が17-3で大きく勝ち越し、シティリーグでは5-1のベスト4まで勝ち進めることができました。

 

シングルバトルにも活きる経験

シングルバトルの構築は6匹なのに対し、ポケカはデッキが60枚なため、種類の多さで言うとポケカの方が構築の選択肢が多くて難しかったです。また、対戦中のプレイング、立ち回りについても、序盤から捨てていいカードは何なのか、サイドプランはどうするかなど考えることは多く、すべての行動で最善手を取ることがポケモンの数倍難しいと感じました。ただ、それは対戦相手についても同じであり、相手も全てのターンで最善手を取ってくるとは限らず、デッキの安定性も全ての人が高いわけではないです。つまり、正直なところ相手のミスや構築の弱さに漬け込んで勝つことの方が圧倒的に多く、そういった相対的なことも踏まえるとポケカの方が「簡単」であるというのが僕の結論でした。

では、シングルバトルで勝てる強者の方々は、それ以外の人とどこに差別化点があるのか。ポケカでの経験を活かして考えてみました。

構築について

シングルバトルという6匹、技は4つというかなり限られた選択肢の中で、

・メタゲーム思考

・確率論(運勝ちのしやすさ、運負けのしにくさ)

・「役割」を意識した構築

を反映した深みのある構築を作るためには、「枠の圧縮」をいかに行うかが極めて重要なのではないかと感じています。

ポケカもやった事がある方なら分かると思いますが、60枚の枠の中で入れたいカードを全て入れることはほぼ不可能に近いです。その中で、洗練された60枚にするためには、「役割分散札」の存在がキーになってきます。ラブリィさんがポケ実ポケカ部の配信で、「月光手裏剣を打たれないためにマナフィを入れても、それ以外でマナフィを使わないから入れたくない。それよりもジメレオンにおまもりを貼って月光手裏剣を耐えるようにしておけばいい」という発言をしていて、自分に足りないのはこれだと気付かされました。まさに、「おおきなおまもり」は「役割分散札」であり、月光手裏剣のサイド2枚取りケアをしつつ、月光手裏剣が飛んでこない対面はポケモンのHP増強に使える、まさに役割分散の理想形です。この考え方をデッキに反映できるようになってから、枠の圧縮が可能となり、やりたいことを詰め込めるようになりました。

この考え方は、シングルバトルにおいても非常に重要で、「サンダーが多いのでサンダーに滅法強いポケモンを入れたいが、サンダー以外に使えないし、サンダーを選出されるかが分からない」といった問題がシングルバトルの構築を作るときも頻繁に発生します。この問題を解消する際に、「役割分散」の考え方が役立ちます。解決策としては2つであり、

・サンダーだけに強いポケモンの採用は諦め、サンダーにもそこそこ強く、それ以外のポケモンに対しても重要な役割を持てるポケモンを採用する

・サンダーだけに強いポケモンに、自分の構築の他のポケモンをサポートするような技を採用し、仮にサンダーを選出されなくても役割が持てるような技構成にする

のいずれかだと思います。現在は禁伝2体環境であり、平均のパワーが高いため、相手の全てのポケモンに対応するのはかなり難しいです。しかし一方で、役割分散を駆使し、枠を圧縮していかに全対応に近づけるかが構築の強さを決めると思っています。ポケカでの役割分散札の経験を活かし、シングルバトルでも現環境になるべく全対応した構築作りを目指して残りのシーズン頑張ろうと思います。

 

プレイングについて

ポケカでは、お互いのプレイヤーが1試合に最低1度はプレミをするような感覚でした。なので、とにかく自分がプレミをしないように練習を重ねれば、自ずと展開が有利になっていくような感触を持ちながらポケカをプレイしていました。では、シングルバトルについてはどうか。僕は、シングルバトルの方が1試合におけるお互いのプレミの数は少ないと思います。しかし、シングルバトルの方が、「自分すら気づいていないプレミ」が多く、強者の方ほどそれに気づいて改善を施しているのでは?と今は思うようになりました。自分の感覚的にも、ポケカのプレイはすごく慎重で、対戦後の振り返りもきっちりやっていましたが、シングルバトルをプレイする時は、対戦数が多いのもあって慎重さに欠けるプレイングをしてしまったり、対戦後の振り返りもちゃんとできてないことがあることに気付きました。上記の経験を活かし、シングルバトルの1戦1戦においてもポケカの1試合のような緊張感、慎重さを持って最善択を選び、対戦後は必ず振り返りを行い、プレイングに間違いがなかったか確認をし続けることで、強者のプレイングに近づきたいと思っています。

 

以上が、僕がポケカにガチで取り組んだ中で得られた教訓です。「枠の圧縮」と「プレイングの慎重さ」を自分への大きな課題として、これからはポケカをつまみつつ、土俵はシングルバトルに戻して、夢である最終1位を目指して精進していきたいと思います。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

【剣盾S27使用構築】 弱保ダイナ軸Ver.3~ブス始動対面&サイクル~ 【最終110位、最終レート2008】

f:id:omayupoke:20220301041653p:plain

こんにちは、おたけです。

 

今期はとにかく仕事が忙しく、ポケモンをプレイできる時間に限りがありましたが、使い慣れているムゲンダイナを軸にしてなんとかレート2000を達成しました!!新ルールの1シーズン目で納得のいく結果を出せたのは初めてなので非常に嬉しいです!シーズン初めということもあってかなり詳しく書いたので、耐久ダイナ軸を組みたい方は是非参考にしていただけると嬉しいです。

【結果】

TN おまゆ 最終110位 最終レート2008

f:id:omayupoke:20220301235806j:plain

【使用構築】

f:id:omayupoke:20220301023557j:plain

※レンタルコードしばらく残しておきます

 

【構築経緯】

禁伝2体環境になり、より一層構築のパワーが上がったため、単純なサイクル構築は組めないと思いました。そこで、

有利サイクルが形成できる場合⇒サイクル選出

サイクルが成り立たない場合⇒対面選出

ができるようなハイブリッド構築を目指すこととしました。

1匹目 (軸)f:id:omayupoke:20210316161508j:plain

採用理由

圧倒的耐久値とコスモパワーによる数値受け、半減の多いドラゴンタイプによるタイプ受け、ダイマ砲による対面性能、自己再生による詰ませ性能全てを兼ね備えた最強ポケモンであるf:id:omayupoke:20210316161508j:plainが最もコンセプトと合致しているため

型・調整

最も得意とする数値受けを活かしつつ、想定外の火力で崩しも可能なHBベースのコスパ弱保型

 

2匹目f:id:omayupoke:20201202061542j:plain

採用理由

・ムゲンダイナを絡めたサイクル選出をするため

・ムゲンダイナとのタイプ相性補完に優れているため

型・調整

ムゲンダイナに対して無限回後投げされるf:id:omayupoke:20210401082958j:plainf:id:omayupoke:20210201003202j:plainに対して最も強い、HB残飯型

 

3匹目f:id:omayupoke:20211026233706j:plain

採用理由

コスパを積んだムゲンダイナが相手の積み技によって強引に突破された際に、最も強い切り返しとなる対面駒であるため

型・調整

スカーフ1択

 

4匹目f:id:omayupoke:20201101115814j:plain

採用理由

・環境に最も多い並びであるf:id:omayupoke:20210316163048j:plainf:id:omayupoke:20210316160224j:plainの両方に強く出られる

ダイマ適正が高く、ダイマックスできないムゲンダイナの前で初手ダイマ枠となれる対面駒である

・電磁波耐性があり、地面タイプのステロ撒きに強いため、初手に出てくる起点作成要員に対してダイマックスで圧をかけられる

・物理特殊両方存在するので、相手視点は受けを成立させにくい

・特性のすいすいによって、相手の初手ダイジェットに対しても上から制圧できる

ダイマ終了後の身代わりによる相手のダイマ枯らし性能が優秀

型・調整

・環境に物理型が多かったので、逆手にとって意表をつける特殊珠型

ダイマ終了後、相手のダイジェットの起点にならないため凍える風を採用

ダイマ終了後、相手のダイマを枯らすために身代わりを採用

 

5匹目f:id:omayupoke:20210929234756j:plain

採用理由

・ムゲンダイナが苦手なf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210316173046j:plainf:id:omayupoke:20210201005829j:plainの全てに対してそこそこ強く出られる特殊受けであるため

・ゲロゲを貯水だと勘違いさせるため

型・調整

特性の再生力によるサイクル性能と優秀な技範囲を活かした突撃チョッキ型

(ゲロゲと合わせて選出することが多く、地面タイプのステロ撒きに怯えなくていいのでブーツは不要と判断)

 

6匹目f:id:omayupoke:20220301030144j:plain

採用理由

・ここまでで最も重い、特殊ドラゴン系統に強く出られ、かつ壁張りによってムゲンダイナの対応範囲を拡張できるため

・ムゲンダイナが苦手なf:id:omayupoke:20210201003202j:plainf:id:omayupoke:20210201003216j:plainがらみの受け系統に対する崩しの手段を増やすため

型・調整

・初手にザシアンと対面した際に、強引に壁を張れるように意地特化巨獣斬耐え調整

・受けポケに圧力をかけるため絶対零度を採用

 

以上の理由で、f:id:omayupoke:20210929234756j:plainf:id:omayupoke:20201101115814j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20220301030144j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plainという並びが完成しました。

 

 

【個体紹介】

f:id:omayupoke:20201101115814j:plain@命の珠

特性: すいすい

性格: ひかえめ

技構成: ハイドロポンプ/大地の力/凍える風/身代わり

実数値: 180-*-95-150(252)-96(4)-126(252)

調整意図: CSぷっぱ、DL調整

役割: 構築のエースとなる対面駒。初手ダイマ要員。

利点: 前述のとおり。とにかく特殊がケアされにくい環境であり、刺さっていた

欠点: 

f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20210316172111j:plainダイマの打ち合いで勝てない

ダイマを切り合ってから、ダイウォール⇒裏に引くことでサイクル戦を仕掛けるようにしていた

・草技で出オチする

f:id:omayupoke:20210316162843j:plainのリフストは採用率が低かったのでケアせずに初手ダイマした

⇒その他草技はなるべくケアし、f:id:omayupoke:20210929234756j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainに引いてサイクル戦に持ち込んだ

 

使用感: ★★★★★(ダントツMVP) 

選出率1位

 

f:id:omayupoke:20210929234756j:plain@突撃チョッキ

特性: 再生力

性格: 意地っ張り

技構成: 聖なる炎/ブレバ/地震/ギガドレ

実数値: 209(220)-198(236)-111(4)-117-175(4)-116(46)

調整意図: くろこさんのやつ

役割: 特殊受けのサイクル要員。ゲロゲが刺さっていない時の初手ダイマ枠。

利点: 様々な禁伝に対して、最低限の仕事ができる。例えば、特殊受けであるにもかかわらずf:id:omayupoke:20210316160224j:plainにも抗える。

欠点:

火力が微妙に足りない

⇒なるべく攻めのダイマではなく、相手のダイマに対応したダイマの切り方をして火力不足をごまかした

不意に岩技が飛んでくる

⇒リスクがある場合は極力選出せずに、ダイナでなんとかするよう心掛けた。

ステロが痛すぎる

⇒なるべくゲロゲを前に出してステロをけん制した。

 

使用感: ★★☆☆☆

選出率4位

 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plain@弱点保険

特性: プレッシャー

性格: 臆病

技構成: ダイマックス砲/火炎放射/コスモパワー/自己再生

実数値: 241(204)-*-147(252)-166(4)-117(12)-170(36)

調整意図:

S: ガブ抜き

HB: 悪ウーラオスの鉢巻暗黒強打を受けるためなるべく高く

HD: 命の珠サンダーのC-1ダイジェットを高乱数で受けられる程度

役割: 受け、崩し、詰ませ全て。

利点: 相手のダイマが枯れた後無双できる。数的優位を取った後無双できる。有利対面を取った瞬間無双できる。

欠点: 

f:id:omayupoke:20210316160224j:plainに対面勝てない

⇒ゲロゲを前に出して、ザシアンをけん制してからコスパを積んだ状態でザシアンと対面するよう心掛けた

・受けポケに弱い

⇒とにかく初手ダイマで数的優位を取った状態で受けポケと対面させ、お互い突破できない状況を作るよう心掛けた

 

使用感: ★★★★★(最強)

選出率2位

 

f:id:omayupoke:20201202061542j:plain@食べ残し

特性: ビーストブースト

性格: 腕白

技構成: ヘビーボンバー/宿り木の種/守る/身代わり

実数値: 204(252)-121-170(252)-*-121-82(4)

調整意図: HBぶっぱ

役割: サイクル要員。ネクロ受け。詰ませ要員。

利点:

・ダイナにめちゃくちゃ強いf:id:omayupoke:20210401082958j:plainにめちゃくちゃ強い

・一度嵌めると、タイプ相性を無視して相手を詰ませられる

・ダイナと組ませると相手に毎ターン技の択を迫れる。しかも1回かみ合えば詰ませられる

欠点: 

・身代わり持ちのポケモンにめちゃくちゃ弱い

⇒あまり信用しすぎず、ダイナとサイクルがしたい時にのみ選出する

 

使用感: ★★★☆☆

選出率5位

 

f:id:omayupoke:20220301030144j:plain@光の粘土

特性: 貯水

性格: 控えめ

技構成: フリドラ/零度/うたかた/かみなり

実数値: 237(252)-*-104(28)-147(230)-115-80

調整意図:

HB:ザシアンの特化巨獣斬確定耐え

役割: 特殊ドラゴン軸に対する初手ダイマ枠。ダイナのサポート役。

利点:

相手の初手を誘導できる (めちゃくちゃf:id:omayupoke:20210316160224j:plainを投げられる)

雑に使っても、壁さえ張れば仕事をしたことになる

耐久値が高く、出オチしにくい

欠点: 

ヌケニンがいると壁すら張らせてもらえない

ヌケニンがいる時は絶対選出しないようにした

f:id:omayupoke:20210316163048j:plainの選出をけん制できそうでできない

 

使用感: ★★★★☆

選出率6位

 

f:id:omayupoke:20211026233706j:plain@こだわりスカーフ

役割: 対面駒。相手の積みエースに対する切り返し要員。

利点: 

f:id:omayupoke:20210316160224j:plainにとにかく強い。相手がメタモンケアをしていたとしても、それが選出圧力になっている。

・対面駒でありながら、サイクル加入もできる。

欠点: 

・汎用性が低い

f:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸以外に対しては極力選出を控えた

 

使用感: ★★★☆☆

選出率3位
 

スペシャルサンクス

・いつも一緒にワイワイポケモンを楽しんでいるきい鯖のみんな

・いつも刺激をくれるAIM-HIGHのみんな

・いつもキャスに遊びに来てくれるFFの方々

・ムゲンダイナ様

 

 

【剣盾S26】双璧ガマゲロゲ【最終363位、最終レート1898】

f:id:omayupoke:20220201113746p:plain

 

こんにちは、おたけです!

今期は1か月ダイナ以外の禁伝にチャレンジしてましたが、全く勝てなくて最終日深夜に4000位まで落ちたので、最後は思い出作りにダイナを使いました、、即興で組んだものの今までで一番勝率がよくて最強だったので記事に残します!

結果

TN おまゆ 最終363位 最終レート1898

f:id:omayupoke:20220201112039j:plain

 

使用構築

f:id:omayupoke:20220201112540j:plain

※レンタルコードは消します

 

コンセプト

f:id:omayupoke:20201101115814j:plainで全てを破壊する

 

構築経緯

起点作成型の電気玉貯水f:id:omayupoke:20201101115814j:plainを使っていた時に、あまりにもアタッカーのケアをされずにf:id:omayupoke:20200901044604j:plainにステロされたり、f:id:omayupoke:20201201205521j:plain剣舞されたりしたため、逆手に取った特殊珠すいすいf:id:omayupoke:20201101115814j:plainが刺さると思い、構築の軸にしました。f:id:omayupoke:20201101115814j:plainで初手ダイマした後の詰ませポケモンとして最初はf:id:omayupoke:20210929234756j:plainを使ってましたが、弱かったので最強のコスパ弱保f:id:omayupoke:20210316161508j:plainに変更しました。先期に引き続き、f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと相性抜群のf:id:omayupoke:20201202061542j:plainと、コスパ弱保ダイナが突破された時の切り返しとしてf:id:omayupoke:20211026233706j:plainを採用しました。

残りの2枠は。f:id:omayupoke:20201101115814j:plainでカモれる地面を誘うためにf:id:omayupoke:20200901023058j:plainと、f:id:omayupoke:20201101115814j:plainが苦手なf:id:omayupoke:20201201211858j:plainなどのドラゴン系統を初手に出させないためにf:id:omayupoke:20210929233023j:plainを採用し、

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201101115814j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20210929233023j:plainf:id:omayupoke:20200901023058j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plainという並びで構築が完成しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20210316161508j:plain@弱点保険

特性: プレッシャー

性格: 臆病

技構成: ダイマックス砲/火炎放射/コスモパワー/自己再生

実数値: 241(204)-*-147(252)-166(4)-117(12)-170(36)

調整意図:

S: ガブ抜き

HB: 悪ウーラオスの鉢巻暗黒強打を受けるためなるべく高く

HD: 命の珠サンダーのC-1ダイジェットを高乱数で受けられる程度

解説: 

本構築の禁伝枠で、型は先期と全く同じ。どう考えても本ルール最強ポケモン

 

選出率2位

 

f:id:omayupoke:20201202061542j:plain@食べ残し

特性: ビーストブースト

性格: 腕白

技構成: ヘビーボンバー/宿り木の種/守る/身代わり

実数値: 204(252)-121-170(252)-*-121-82(4)

調整意図: HBぶっぱ

解説: 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと相性のいい物理受け。今期も安定に受けポケモンが多かったので、しっかりカモらせていただきました。

 

選出率3位

 

f:id:omayupoke:20201101115814j:plain@命の珠

特性: すいすい

性格: ひかえめ

技構成: ハイドロポンプ/大地の力/凍える風/身代わり

実数値: 180-*-95-150(252)-96(4)-126(252)

調整意図: CSぷっぱ、DL調整

解説: 

構築のエース枠であり、ダントツのMVP。全試合初手に出してダイマしました。技構成は一致打点のドロポン、大地に加え、ドラゴン系統への打点としてダイアイスが打てるように凍える風、相手のダイマを枯らすために身代わりを採用しました。特性のすいすいで相手に圧力をかけ、相手にダイマを切らせてからウォール、身代わり、身代わりで相手のダイマを完全に枯らすことができます。構築にf:id:omayupoke:20200901023058j:plainを入れた影響で初手にf:id:omayupoke:20200901044604j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainが来ることが多く、来た時点で勝ちが確定します。貯水に見えなくもないのでf:id:omayupoke:20200901044604j:plainは全員居座ってきました。言葉で表現するのが難しいですが、とにかく強すぎてヤバかったです。こんなに初手ダイマして楽しいポケモンは今までいなかったです。今度f:id:omayupoke:20201101115814j:plainのぬいぐるみ買います。

 

選出率1位

 

f:id:omayupoke:20210929233023j:plain@きあいのタスキ

特性: 五里霧

性格: 陽気

技構成: つらら落とし/フレドラ/蜻蛉/地震

実数値: 180-192(252)-75-*-76(4)-161(252)

調整意図: ASぷっぱ

解説: 

初手の圧力枠。f:id:omayupoke:20201101115814j:plainの初手ダイマを通すために、f:id:omayupoke:20201201211858j:plainf:id:omayupoke:20200901023035j:plainあたりが初手に来てほしくないので、それらをけん制しつつ、どうしても対面駒が欲しくなった場合のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainとタイプ相性がいいタスキ枠として採用しました。ほとんど選出してないですが、選出した時は無難に活躍してくれました。

 

選出率5位

 

f:id:omayupoke:20200901023058j:plain@こだわりハチマキ

特性: はりきり

性格: 意地っ張り

技構成: でんくち/逆鱗/けたぐり/燕返し

実数値: 165-167(252)-110-*-91(4)-127(252)

調整意図: ASぶっぱ

解説: 

置き物。地面の選出を強制するためと、受け崩しのために採用したが、選出はしませんでした。

 

選出率6位

 

f:id:omayupoke:20211026233706j:plain@こだわりスカーフ

解説: 

本構築の軸であり、切り返し要員。主にf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plainf:id:omayupoke:20210316173046j:plain軸に対して選出しました。相変わらず対f:id:omayupoke:20210316160224j:plainは最強でした。

 

選出率4位

 

あとがたり

冒頭でも述べましたが、今期は「ダイナ禁」ということで、最強のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainを封印してf:id:omayupoke:20210929234756j:plainf:id:omayupoke:20210401082958j:plainなど色々な禁伝を試していました。しかし、最終日深夜まで全然勝てなくて、4000位まで落ちたので思い出作りとしてf:id:omayupoke:20210316161508j:plainを解禁しました。f:id:omayupoke:20210929234756j:plainを使ってた時に珠すいすいf:id:omayupoke:20201101115814j:plainの感触が非常に良かったので、f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと組み合わせると強いのでは?と思って試したらアホみたいに強かったです。時間の都合で19までしか上げられませんでしたが、今まで組んだ構築で一番強かったので大満足です!

 

【剣盾S25 最終90位 最終レート2013 】弱保ダイナ軸Ver.2

f:id:omayupoke:20220101161513p:plain

こんにちは、おたけです!

今期は全然ポケモンに打ち込んでいませんでしたが、最終日に頑張った甲斐あって人生初の最終2桁&過去最高レートを達成しました!!

構築は先期のものをいじっただけですが、めちゃくちゃ強かったので記事に残そうと思います!先期は割と適当に書いてしまったので、今回はちゃんと詳しく書こうかなと思ってます!

 

結果

TNおまゆ 最終90位 最終レート2013

f:id:omayupoke:20220101144506j:plain

 

使用構築

f:id:omayupoke:20220101144615j:plain

※レンタルコードはしばらく置いときます!

 

構築経緯

大きな経緯

攻め寄りのサイクル構築を好んで組んでいたが、サイクル戦をする際、タイプ受けや数値受けを繰り返しすぎると、最後は必ず択の勝負になってしまい、安定した勝率を出せなかった

最近は、最低限のサイクルをしつつ、早めに崩す構築作りを心がけていた

 

禁伝の選択

トップメタの一般ポケモンに苦手な禁伝を使うのが非常に苦手だったため、あらゆる一般ポケモンと対等以上に戦うことができるf:id:omayupoke:20210316161508j:plainを選択した

 

本構築のコンセプト

1.弱保f:id:omayupoke:20210316161508j:plainで崩す

2. 意地珠f:id:omayupoke:20200901022158j:plainで崩す

 

1. 弱保f:id:omayupoke:20210316161508j:plain崩す

僕が考えるf:id:omayupoke:20210316161508j:plainの特徴

・とにかく一般ポケモンに強い

コスパと自己再生を覚えるため、圧倒的に受け性能が高い

f:id:omayupoke:20210316160224j:plainに対面で勝てない

コスパを1積みすれば巨獣斬を受けられる

 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainから崩す手段を持つために、f:id:omayupoke:20210316160224j:plainに抗える型にすることは必須だと考えた。

f:id:omayupoke:20210316160224j:plain以外の対面でコスパを積めば、剣舞がないf:id:omayupoke:20210316160224j:plainを対面突破できるようにHBベースで炎技を搭載する型にした

また、一度コスパを積んでしまえば弱点をつかないと突破がかなり困難なので、それを逆手に取って持ち物は弱点保険を採用し、耐久型でありながら火力を出せるようにして崩し性能を高めた

 

次に考えたのは、このf:id:omayupoke:20210316161508j:plainが突破されるパターン

大きくは、

1.積み技によってコスパで上げた耐久値以上の火力で殴られる

2.受けポケモンでお互い突破できない状況を作られる

3.上から殴れる高火力ポケモンを並べられる (起点を作れない)

 

1. → 裏にスカーフf:id:omayupoke:20211026233706j:plainを置いて切り返す

2. → 後述の意地珠f:id:omayupoke:20200901022158j:plainで崩す

3. →f:id:omayupoke:20201202061542j:plainとタイプ受けし、隙あればf:id:omayupoke:20200901022158j:plainでダイジェットして崩す

 

上記の経緯より、スカーフf:id:omayupoke:20211026233706j:plain、残飯f:id:omayupoke:20201202061542j:plain、意地珠f:id:omayupoke:20200901022158j:plainは軸として採用

第2の崩し枠として意地珠f:id:omayupoke:20200901022158j:plainを採用した理由は以下

f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに打ち勝てる

f:id:omayupoke:20210316160224j:plainに勝てる

・受けを崩せる

・ダイアタックを打てば後続のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainが上から動ける

 

残りの2枠は、ここまでで重いポケモンに対する補完と、苦手な展開に対する回答を意識した

 

重いポケモン

・ジガルデ

f:id:omayupoke:20210316162843j:plain

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plain両方に抜群が突けるドラゴン系統(f:id:omayupoke:20200901023035j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainなど)

 

上記全てに対応するため、HCアナライズf:id:omayupoke:20210131235343j:plainを採用。HCの火力特化にした理由は、ダイマしても強いから。(f:id:omayupoke:20210316161508j:plainダイマできないため、選出した時はほぼダイマする)

 

苦手な展開

・ステロ欠伸展開

・初手ダイマ展開

 

上記の展開両方に対する回答を持つ草結び採用のチョッキf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを採用。相手の初手がf:id:omayupoke:20201201204219j:plainのようなダイマアタッカーでも、f:id:omayupoke:20200901044604j:plainのような欠伸展開ポケモンでも対応可能。

 

以上の経緯から、f:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plainという並びで構築が完成した。

 

選出パターン

f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plain

エスバで相手のポケモンを1匹倒し、裏のダイナカグヤで回してTODを狙う

 

f:id:omayupoke:20200901022158j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plain

エスバで荒らしながらダイアタックで相手のSを下げ、後続のダイナでコスパを積んでいく。突破されたらメタモンで切り返す

 

f:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plain

→3匹で数値受けしながら隙を見てポリ2でダイマを切って崩していく

 

f:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainorf:id:omayupoke:20211026233706j:plain

→相手の欠伸展開に対する選出。とにかくカバやラグを草結びで削り、蜻蛉返りを駆使して欠伸ループを阻止する。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20210316161508j:plain@弱点保険

特性: プレッシャー

性格: 臆病

技構成: ダイマックス砲/火炎放射/コスモパワー/自己再生

実数値: 241(204)-*-147(252)-166(4)-117(12)-170(36)

調整意図:

S: ガブ抜き

HB: 悪ウーラオスの鉢巻暗黒強打を受けるためなるべく高く

HD: 命の珠サンダーのC-1ダイジェットを高乱数で受けられる程度

解説: 

本構築の禁伝枠で、構築の軸となるポケモン。先期は炎技をマジフレにしていたが、あまりCダウンが活きる場所がなかったのと、f:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainへのダメージ量を考えて放射に変更した。放射に変更したことが活きる場面も特になかったと思うので、好みでいいと思う。一度コスモパワーを積んだ時の圧倒的耐久力と、弱保が発動した時の火力、耐久振りなのにほとんどのポケモンの上を取れる素早さ、全てを兼ね備えた最強ポケモン。最強すぎて何で流行らないのかが本当に分からない。このポケモンf:id:omayupoke:20201201204234j:plainf:id:omayupoke:20200901022947j:plainをしっかり受けられるため、初手に意地珠f:id:omayupoke:20200901022158j:plainを置いたりと自由な選出ができる。最近はこのポケモンが強すぎて他の禁伝を使えなくなってしまった。

 

f:id:omayupoke:20201202061542j:plain@食べ残し

特性: ビーストブースト

性格: 腕白

技構成: ヘビーボンバー/宿り木の種/守る/身代わり

実数値: 204(252)-121-170(252)-*-121-82(4)

調整意図: HBぶっぱ

解説: 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと相性のいい物理受け。対f:id:omayupoke:20210401082958j:plain要因として採用していたが、今期はかなりf:id:omayupoke:20210401082958j:plain軸の構築が煮詰められててかなり対策されていた。とは言え、元々このポケモンが持つ性能は唯一無二で、安定の活躍をしてくれた。今後どんどんf:id:omayupoke:20210401082958j:plainが仕上がってきたら、当然f:id:omayupoke:20201202061542j:plainは対策されるので所説枠かもしれない。

 

f:id:omayupoke:20200901022158j:plain@命の珠

特性: リベロ

性格: 意地っ張り

技構成: 火炎ボール/膝/飛び跳ねる/ギガインパクト

実数値: 155-184(252)-95-*-96(4)-171(252)

調整意図: ASぶっぱ

解説: 

構築のエース枠であり、サイクル崩し要員。今期はこのポケモンの強さを再認識し、このポケモンを中心に試合を組み立てていた。ダイアタックにより相手ポケモンのSを下げつつ超高火力を押し付けることが可能であり、後続のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainと非常に相性が良かった。初手にf:id:omayupoke:20210316172111j:plainと対面した時は必ずダイナックルを押していた。

 

f:id:omayupoke:20201201205521j:plain@突撃チョッキ

特性: 威嚇

性格: 勇敢

技構成: 地震/ストーンエッジ/蜻蛉/草結び

実数値: 189(198)-216(252)-110-133(60)-100-99

調整意図: HBカバルドンを草結び×2でオボン込みで落とせるようにCに60振り、残りをHA

解説: 

相手のf:id:omayupoke:20210201000355j:plainf:id:omayupoke:20200901044604j:plainステロ欠伸展開を阻止する要員。仮にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainのようなダイマアタッカーと対面しても、強引にダイマを合わせることで打ち勝つことができる。構築単位で珠f:id:omayupoke:20201201204219j:plainが刺さっているように見えるため、初手に出てきたf:id:omayupoke:20201201204219j:plainは全てアタッカーと信じてダイロックを押していた。様々なポケモンと広く打ち合えるため選出しやすく、先期同様かなり使いやすかった。

 

f:id:omayupoke:20210131235343j:plain@しんかのきせき

特性: アナライズ

性格: 控えめ

技構成: 10万/冷ビ/シャドボ/自己再生

実数値: 192(252)-*-110-172(252)-116(4)-80

調整意図: HCぶっぱ

解説: 

本構築の補完枠。最終日のMVP。f:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainの並びでは、炎技持ちのドラゴンタイプに崩されやすいため、そのようなポケモンを強くけん制したいときに選出した。f:id:omayupoke:20210316163048j:plain軸にはほぼ毎回選出し、初手ダイマしていた。数は少なかったが、f:id:omayupoke:20210316162843j:plain軸と当たった時にも選出し、活躍してくれた。環境に耐久型しか存在しなかったため、不意の高火力が刺さることが多く、出した対戦はほとんど勝利した気がする。

 

f:id:omayupoke:20211026233706j:plain@こだわりスカーフ

解説: 

本構築の軸であり、切り返し要員。とは言っても、ほとんどf:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸との対戦のみの選出だった。最近はf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20201201213137j:plainと同居していることが多く、簡単には通させてくれなかったが、ほかのポケモンでうまく崩してから通すことができたので、おかげでf:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸に対する勝率もよかった。

 

あとがたり

剣盾を初めた当初は一生かかっても辿り着かない領域だと思っていた「最終2桁」についに足を踏み入れることができました!!今期は序盤と最終日付近以外はほとんどポケモンをやっていませんでしたが、先期使っていた構築の改善点とその改善案はいくつか頭の中にあったので、それを最終日までに試行錯誤しながら調整して、それがうまくいきました。僕は基本的に他人の構築記事をあまり参考にせず、個体のみ誰かのをパクって構築自体はオリジナルで考えてきました。自分で考えた構築で最上位なんて行けないのではないかという不安はずっとありましたが、最近は次第に強い構築の組み方が体に染みついてきて、安定した勝率を出せるようになってきました!強い方の構築をパクってそれをベースに組み始める方がほとんどだと思いますが、1から自力で組む練習をしていると地力がついてきて安定感が増すので、たまにはオリジナルの構築を作るのも個人的におススメします!

どうやら新ルールの発表を見ると公式は剣盾ユーザーを見捨てたみたいなので、今後引き続き1位を目指してポケモンを続けるかどうかはゆっくり決めていきたいと思います。祝福のメッセージをくださった方、本当にありがとうございました!!

 

スペシャルサンクス

・いつも刺激をくれるAIM-HIGHのみんな

・最終日、最後まで一緒に潜ってくれたコッペパンさん

・いつも寝落ちするたるさん

・一緒にダイナ軸を考えてくれたまとりえさん

ポケモンも、ポケモン以外も一緒にワイワイゲームしてくれるきい鯖のみんな

【気づき】抽象化について

数学の計算問題とは異なり、ポケモン対戦が上手くなる方法は1つではありません。プレイヤー全員それぞれ異なる問題があり、その答えも人それぞれだと思います。つまりポケモンが上手くなるためには、それぞれ個人が持つ問題を正確に認識し、その解決策を都度自分で見つけなければなりません。そして、このプロセスはポケモンのみならず、人間が成長するうえで最も重要なプロセスだと感じています。もちろん、社会人としても非常に重要なスキルだと思います。つまり、僕はポケモンというゲームに自分という人間が成長できるヒントが沢山詰まっていると思っており、ポケモンで学んだことは今後の人生に必ず活かしたいと考えています。(ポケモンしてる自分を正当化したいだけです)

 

そんな経緯があり、この記事ではポケモンというゲームを切り口として、このゲームを通して成長のために個人的にとても重要だと感じた思考プロセスについて完全な主観で話していきたいと思っています。冒頭でも述べたように、この辺りの考え方は人それぞれ違うし、個々がそれぞれ見つけていくものなので、僕の考え方が読者の参考になるかどうかは全く分かりません。興味のある方のみ、目を通して頂けると幸いです。

 

ポケモン対戦の成長プロセス

ポケモンが上手くなるために必要なプロセスは以下だと感じています。

問題発見→気づき→抽象化→改善→検証

 

社会人を経験されている方は、上記に似たような課題解決論を目にした事があるかと思います(PDCAサイクルなど)。しかし、僕は個人的に、効率よく成長するためにはPDCAサイクルのプロセスだけでは不十分だと思っており、そのあたりが成長スピードを上げるためのキーポイントだと思っています。

具体的に言うと、僕は上記のプロセスの中で「抽象化」を圧倒的に重視すべきだと思っています。それは、これまでの人生経験に加え、ポケモンというゲームを通して非常に痛感したことであります。

その辺りをポケモン対戦という具体例を切り口としてうまく説明できたらなぁと思っています。

 

ポケモン対戦における「抽象化」

僕は、ポケモンの勝率が上がった明確なきっかけがあります。エースバーンのリベロ解禁とともにポケモン対戦を再開し、自分なりに強い構築を色々と考えながら何百戦も対戦を繰り返していました。その時に、当時の環境では「環境にいるポリゴン2はHB型ばかりで、アナライズ眼鏡ジバコイルを合わせるだけで簡単に相手のサイクルを崩せる」ことに気付きました。上記は、エースバーン受けとして採用していたHBギャラドスがHBポリ2に簡単に切り返されてしまうという問題点から得た気づきでした。この気づきまでの経緯は、成長プロセスで言うと

問題発見→気づき

の段階だと考えています。そして、ここからの考え方が成長のために最も重要だと僕は感じています。

「ポリ2に眼鏡ジバコイルを合わせると勝率が上がる」ことに気づいた僕は、これが何故勝率アップに繋がっているのか深く考えました。そして出た結論が、

・アナライズ眼鏡ジバコイルの攻撃を受けられるポケモンが非常に少ないこと

・HBポリゴン2は環境に非常に多く存在するポケモンであること

の2つでした。そしてこの結論を次の構築作りに活かせるために、さらに思考を深めて

「環境に非常に多く存在するポケモンと対面させて、相手の裏のポケモンに大きな負荷を与える動きが非常に有効である」と結論付けました。

これが、成長プロセスでいう「抽象化」です。

簡単に言うと、対戦を続けていくうちに生じる問題をそれぞれ解決することも重要ではありますが、次の結果、次の成長につなげるためには個々の事象(枝)をより深く考え、より根元の部分につなげていくことが何よりも重要であり、その枝を根元に繋げる思考を抽象化と呼ぶのだと勝手に思っています。

 

おそらくポケモンが強い、あるいは仕事で成功している人は皆無意識にやっていることだと思います。しかし、自分は最初はダメ人間で何もできないので、こうした気づきを言語化して整理しないと成長できないと思い、これからも何か気づきがあればこの記事のように形にしていきたいと思ってます。最近はポケモン対戦の年齢層が上がってきて、こういったポケモン以外でも役に立ちそうな思考を記事に残して下さる方も多くて非常に良い環境だなと思うので、便乗したいと思います。自分と同じく、いつも最初は全然上手くいかない方の何かの気づきになれば幸いです。

【剣盾S24 最終149位】マリルリダイナカグヤ対面+サイクル構築

こんにちは、おたけです。今期は最低限の目標であった最終2桁に一歩及ばず、非常に悔しさが残るシーズンでした。とはいえ、自身の過去最高順位を更新できたため構築記事に残そうと思います。

 

結果

TNおまゆ 最終149位

f:id:omayupoke:20211201112056j:plain

 

使用構築

f:id:omayupoke:20211201111909j:plain

※レンタルコードしばらく残すので使ってみてください

 

コンセプト

・最低限のタイプ受けをしつつ、なるべく対面的に相手を崩していく

・弱保ダイナで有利対面コスモパワーを積んで相手を破壊する

・相手が積み技で応戦してきたら、裏のメタモンでコピーする

 

構築経緯

先期のダイマ無しルールで使用していて、個人的に禁止伝説ありルールで最強だと思っているコスモパワー弱保f:id:omayupoke:20210316161508j:plainから組み始め、

コスモパワーに対して積み技で強引に突破してきた際の切り返しとしてf:id:omayupoke:20211026233706j:plain

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと最も相性がいいf:id:omayupoke:20201202061542j:plainを自然に採用しました。

上記の3匹でほとんど全ての攻めサイクル構築に対応できる一方で、このままではf:id:omayupoke:20210201003202j:plainf:id:omayupoke:20201201213137j:plainなどの受けサイクルを絶対に突破できないので、最も受けサイクルと同居しているf:id:omayupoke:20210316172111j:plainf:id:omayupoke:20210929234756j:plainに強く、受けを崩せる命の珠f:id:omayupoke:20201027194304j:plainを採用しました。副産物として、初手ダイマf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainによる詰ませのプランを取るためのダイマ駒として大活躍してくれました。

上記の4匹ではf:id:omayupoke:20210316162843j:plain軸に対する勝率が低いため、f:id:omayupoke:20210316162843j:plainに強く、かつ対面選出する際のf:id:omayupoke:20211026233706j:plain以外の切り返し駒としてf:id:omayupoke:20201201210717j:plainを採用しました。

最後に、メタモンによる切り返し戦術が効かないf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20201201213137j:plainf:id:omayupoke:20210201005829j:plainのような構築に対しての勝率を上げるため、草結び採用のチョッキf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを採用し、

f:id:omayupoke:20201027194304j:plainf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201201210717j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plainの並びで構築が完成しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20201027194304j:plain@いのちのたま

特性: ちからもち

性格: 意地っ張り

技構成: アクアブレイク/じゃれつく/あなをほる/アクアジェット

実数値: 207(252)-112(252)-100-*-100-71(4)

調整意図: HAぶっぱ

解説: 

本構築の禁伝枠。相手の禁伝とまともに打ち合うことができる最強ポケモン。主に初手に出してダイマするか、相手にダイマの圧力をかけて裏に引くかという使い方をしていました。命の珠を持たせることで相手が想像している何倍もの火力を出せるので、相手がダイマをしてこなかった時は必ず相手のポケモンを1匹以上倒してくれました。数的優位さえ取れればf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainという最強の詰ませポケモンが裏に控えているので、f:id:omayupoke:20201027194304j:plainのおかげで受け攻め構築のような立ち回りができて戦略の幅が広がりました。あなをほるを採用することで、f:id:omayupoke:20210316172111j:plainに同居しているf:id:omayupoke:20210401083847j:plainを崩しつつ、後続と打ち合えるようになります。個人的に5本の指に入るくらい大好きなポケモンなので、また構築にいれることができて非常にうれしいです。

 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plain@弱点保険

特性: プレッシャー

性格: 臆病

技構成: ダイマックス砲/マジカルフレイム/コスモパワー/自己再生

実数値: 241(204)-*-147(252)-166(4)-117(12)-170(36)

調整意図:

S: ガブ抜き

HB: 悪ウーラオスの鉢巻暗黒強打を受けるためなるべく高く

HD: 命の珠サンダーのC-1ダイジェットを高乱数で受けられる程度

解説: 

本構築の第2の禁伝枠で、構築の軸となるポケモン。一度コスモパワーを積んだ時の圧倒的耐久力と、弱保が発動した時の火力、耐久振りなのにほとんどのポケモンの上を取れる素早さ、全てを兼ね備えた最強ポケモンでした。先にコスモパワーを積んでしまえば剣舞のないf:id:omayupoke:20210316160224j:plainに対面で勝てるし、取り巻きのf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20210201000355j:plainにも強いため、対f:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸相手でも5分以上の戦いができました。後述するスカーフf:id:omayupoke:20211026233706j:plainととても相性が良く、f:id:omayupoke:20210316160224j:plain剣舞しないとf:id:omayupoke:20210316161508j:plainを突破できない、剣舞するとf:id:omayupoke:20211026233706j:plainにコピーされるという究極の2択を迫ることができます。マジでオススメの個体なので皆さんも是非使ってみてください。

 

f:id:omayupoke:20201202061542j:plain@食べ残し

特性: ビーストブースト

性格: 腕白

技構成: ヘビーボンバー/宿り木の種/守る/身代わり

実数値: 204(252)-121-170(252)-*-121-82(4)

調整意図: HBぶっぱ

解説: 

f:id:omayupoke:20210316161508j:plainと相性のいい物理受けで、構築のダイマ枯らし役。とにかく倒すのが難しく、一度数的優位を取ってしまえばf:id:omayupoke:20210316161508j:plainと合わせて最強の双璧を作ってくれます。特に対f:id:omayupoke:20210401082958j:plainは最強で、本当にうまいf:id:omayupoke:20210401082958j:plain使いの方以外は全部TODで勝ちました。ヘビーボンバーがダイスチルの媒体になるため、無理矢理ダイマを切って要塞化し、相手が積んでくるとf:id:omayupoke:20211026233706j:plainでコピーするという動きも強かったです。

 

f:id:omayupoke:20201201205521j:plain@突撃チョッキ

特性: 威嚇

性格: 意地っ張り

技構成: 地震/ストーンエッジ/蜻蛉/草結び

実数値: 196(252)-216(252)-110-112-100-112(4)

調整意図: HAぶっぱ

解説: 

最終日前日に構築に入ってきた助っ人外国人であり、今期のMVP。チョッキを持たせることで命の珠f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに打ち勝つことができます。相手視点はf:id:omayupoke:20210316160224j:plain受けに見えるため、初手にf:id:omayupoke:20201201204219j:plainと対面すると全員ダイジェットしてくれるので、返り討ちにしていました。後続から出てくるf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20211026233706j:plainでコピーして切り返し、最後はf:id:omayupoke:20210316161508j:plainで詰めるという安定した立ち回りでf:id:omayupoke:20210316160224j:plain軸と戦うことができました。草結びを採用することで、

f:id:omayupoke:20210201000355j:plainf:id:omayupoke:20200901044604j:plainなどのステロ欠伸展開も阻止することが可能でした。初手で相手のポケモンに威嚇を入れておくことで、裏のf:id:omayupoke:20210316161508j:plainf:id:omayupoke:20201202061542j:plainで受けやすくなるとう副産物もあり、本構築の最後のピースとしてぴったりでした。一度1600位まで低迷してからこのポケモンを採用し、10連勝くらいしてレートを戻したので間違いなく最強の助っ人でした。

 

f:id:omayupoke:20201201210717j:plain@のろいのおふだ

特性: ばけのかわ

性格: 陽気

技構成: じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣舞

実数値: 131(4)-142(252)-100-*-125-148(148)

調整意図: ASぶっぱ

解説: 

本構築の補完枠であり、主に対f:id:omayupoke:20210316162843j:plain軸と対f:id:omayupoke:20210316163048j:plain軸で選出しました。選出は少なかったですが、おかげで最終日はf:id:omayupoke:20210316162843j:plain軸への勝率もよく、対面選出をしたい時に切り返しの駒として活躍してくれたので入れてよかったとは思いました。

 

f:id:omayupoke:20211026233706j:plain@こだわりスカーフ

解説: 

本構築の切り返し役で、主にf:id:omayupoke:20210316160224j:plainf:id:omayupoke:20210316162843j:plain軸にのみ選出しました。こいつがいないとf:id:omayupoke:20210316161508j:plain対面で積まれ放題なので、この構築で最も重要な役割を持つポケモンです。色んな人が使ってる色んな型のf:id:omayupoke:20210316160224j:plainをコピーできて楽しかったです。たまにf:id:omayupoke:20210316160224j:plainの技配置がおかしくて一番上がワイボみたいな人がいて、何回も押し間違えたのでf:id:omayupoke:20210316160224j:plainの一番上の技は絶対巨獣斬じゃない方がいいです。

総括

今期は最低でも最終2桁を目標として頑張ってきましたが、そううまくはいかず惜しい結果となりました。ただ、シーズンを重ねるごとにどんどん構築のパワーが上がってる実感があり、苦しみながらも着実に成長しているなあという実感はあります。今期は過去最高順位でしたが、終わった瞬間は悔しさが10割でした。そして、1桁を目指しているトップランカーたちは構築が強いのは当たり前で、それにプラスして選出や立ち回りが完璧で、まだ自分には及ばないことを肌で感じることもできました。正直このルールは飽きましたが、努力をやめてしまってはこれ以上の世界に辿り着けないので、またリフレッシュして頑張ってみようと思います。

 

 

 

【ポケモン剣盾S20】高速ジバコイル始動対面&サイクル構築【最終177位、最終レート1941】

こんにちは、おたけです。

冠環境最後のシーズンは、無事に過去最高順位で終えることができました!

今までで一番強い構築ができたと思っているので、興味ある方は是非ご一読ください!

 

【結果】

TNおまゆ 最終順位 177位    最終レート 1941

f:id:omayupoke:20210801123029j:plain

【使用構築】

f:id:omayupoke:20210801075406j:plain

 

【構築経緯】

タイプが優秀でダイジェットを4分の1で受けられるf:id:omayupoke:20200901021606j:plainが速ければめちゃくちゃ強いのでは?と思い、CSスカーフ頑丈f:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201202054806j:plainの並びから構築を組み始めました。f:id:omayupoke:20200901021606j:plainは初手に置くことで環境に多くいるポケモン達に必ず最低限の仕事をしてくれるので、初手にそれぞれのポケモンと対面した際の立ち回りを構築段階である程度決めておきました。↓

 

・VSf:id:omayupoke:20201201204219j:plain

相手がよくしてくる行動⇒ボルチェン or 怪電波

立ち回り⇒上からボルチェンでf:id:omayupoke:20201201205521j:plain着地

 

・VSf:id:omayupoke:20201201205521j:plain

相手がよくしてくる行動⇒剣舞>>地震(こちらにランドがいるのでほとんどしてこない)

立ち回り⇒上からラスターカノン

(上から行動できるので、仮に剣舞されたとしても相手はダイマしないとf:id:omayupoke:20200901021606j:plainに対面勝てない)

 

・VSf:id:omayupoke:20201202054806j:plain

相手がよくしてくる行動⇒裏のポケモンに引く

立ち回り⇒ラスターカノン or ボルチェン (裏を見て決める)

 

・VS悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plain

相手がよくしてくる行動⇒暗黒強打、インファ

立ち回り⇒上からボルチェンしてf:id:omayupoke:20201202054806j:plain着地

 

・VS水f:id:omayupoke:20200901022947j:plain

相手がよくしてくる行動⇒裏のポケモンに引く>蜻蛉>インファ

立ち回り⇒放電、ラスターカノン(裏を見て決める)

 

・VSf:id:omayupoke:20200901022158j:plain

相手がよくしてくる行動⇒火炎ボール

立ち回り⇒f:id:omayupoke:20201202054806j:plainに引く

 

・VSf:id:omayupoke:20210131235343j:plain(重め)

相手がよくしてくる行動⇒トラアタ or 裏に引く

立ち回り⇒ボルチェンで強引にf:id:omayupoke:20201231201754j:plainバック or ラスターカノンで押して再生のタイミングでf:id:omayupoke:20201231201754j:plainバック

 

・VSf:id:omayupoke:20201201211858j:plain

相手がよくしてくる行動⇒馬鹿力、地震、龍舞

立ち回り⇒上からボルチェンでマルスケを削ってf:id:omayupoke:20201201205521j:plain着地

 

上記の立ち回りを安定して遂行するために最適なf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201202054806j:plainの型を考えました。↓

 

f:id:omayupoke:20201202054806j:plain

役割⇒f:id:omayupoke:20200901022158j:plainを1度受ける、f:id:omayupoke:20210131235343j:plainを確実に削る、f:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainの一貫を作る

採用した型⇒HB怒り挑発型

 

f:id:omayupoke:20201201205521j:plain

役割⇒f:id:omayupoke:20201201204219j:plainの電気技をスカして有利展開を作る、相手のf:id:omayupoke:20201201205521j:plainに対する切り返し、f:id:omayupoke:20210131235343j:plainに対する強引な突破
採用した型⇒命の珠型

 

上記の基本選出で最も重く、環境に多いポケモンf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainであったため、それらに強く出られ、上記のポケモン達と相性がいいポケモンを探しました。965さんが前期に使っていたラム持ちf:id:omayupoke:20210801080032j:plainを試したところかなり使用感がよく、基本選出の3匹とタイプ、役割の補完が取れているため採用しました。f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainの並びでは、f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20200901023035j:plainと対面した時にダイホロウが一貫してしまうため、ノーマルタイプ最強のf:id:omayupoke:20210131235343j:plainを採用しました。最後の枠に欲しかったのは、

・相手を詰ませる性能を持つ

・ここまでで最も重いf:id:omayupoke:20200901023012j:plainに強い

f:id:omayupoke:20210801080032j:plainでカモれる特殊受けf:id:omayupoke:20210201004837j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20210801101026j:plainf:id:omayupoke:20210201005829j:plainなどを誘う

 

という条件で、これらを満足するHBアッキ充電f:id:omayupoke:20201201204219j:plainを採用し、

f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainという並びで構築原案が完成しました。

 

型の調整

補完枠の投入によって役割や立ち回りが発散してしまったので、再度それぞれのポケモンの役割を確認しながら型の調整を行いました。f:id:omayupoke:20210801080032j:plainの採用によって、f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20201202054806j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainのような選出をすることが想定されたため、これらの選出をしてもある程度汎用性を持たせられるような型を考えました。

 

f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20201202054806j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plain

勝ち筋

1f:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainのサイクルで相手を消耗させ、f:id:omayupoke:20210801080032j:plainで詰める

2f:id:omayupoke:20210801080032j:plainで圧力をかけて相手のダイマを誘い、f:id:omayupoke:20210131235343j:plainの受けから後発ダイマで切り返す

上記を達成するために、f:id:omayupoke:20210131235343j:plainはC特化アナライズでダイマしてもしなくても強い型を採用しました。

苦手なポケモン⇒ 怪電波f:id:omayupoke:20201201204219j:plain、悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plain(f:id:omayupoke:20201231201754j:plainが消耗した瞬間負ける) など

怪電波f:id:omayupoke:20201201204219j:plainは選出的に厳しいのでスルーしました。

f:id:omayupoke:20200901022947j:plainの処理ルートを増やすため、f:id:omayupoke:20201231201754j:plainにゴツメを持たせてタスキを削り、ゴツメダメージ込みでf:id:omayupoke:20200901022947j:plainを倒せるようにf:id:omayupoke:20210801080032j:plainは最速かつ波動弾を採用しました。

 

f:id:omayupoke:20210801080032j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plain

勝ち筋

1f:id:omayupoke:20210801080032j:plainで圧力を掛けて相手のダイマを誘い、f:id:omayupoke:20201201205521j:plainの威嚇+ダイマックスで切り返す

2f:id:omayupoke:20210801080032j:plainダイマックスで荒らし、相手のダイマf:id:omayupoke:20201201205521j:plainの威嚇+f:id:omayupoke:20210131235343j:plainで受けきる

上記を達成するために、命の珠f:id:omayupoke:20201201205521j:plainの素早さを下げてなるべく耐久に振り、物理受けとアタッカーの両方の役割を持てる型にしました。

苦手なポケモンf:id:omayupoke:20201201210717j:plainf:id:omayupoke:20201201204234j:plainなど

これらのポケモンは基本選出のf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20201201205521j:plainf:id:omayupoke:20201231201754j:plainで強く戦えるので、対策は見送りました。


最後の枠であるHBアッキ充電f:id:omayupoke:20201201204219j:plainは基本的にダイマックスをして素早さを上げて相手を詰ませる動きをするため、同時に選出するポケモンダイマックスをしなくても強いポケモンで並べました。

 

f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainor f:id:omayupoke:20201201205521j:plain

勝ち筋

1f:id:omayupoke:20201201204219j:plainの初手ダイマで相手のポケモンを1匹倒し、詰ませに入る。相手は強引なダイマックスをしてくるため、裏のf:id:omayupoke:20200901021606j:plainf:id:omayupoke:20210131235343j:plainor f:id:omayupoke:20201201205521j:plainも含めて耐えしのぐ

上記を達成するためには、f:id:omayupoke:20201201204219j:plainに羽休めと怪電波or充電を採用し、欲を言えば身代わりがあると詰ませ性能が格段に上がるため、電気のウェポンを抜いて暴風ワンウェポンにして身代わりを採用しました。

 

以上の経緯で、高速f:id:omayupoke:20200901021606j:plain軸の構築が完成しました。

 

個体紹介

f:id:omayupoke:20210801080032j:plain@ラムの実

性格: おくびょう

特性: ふゆう

実数値: 181(204)-*-111(4)-136(44)-151(4)-178(252)

技構成: サイコショック/波動弾/瞑想/再生

調整意図: 

S: ウーラオスウツロイドなどを抜くため最速

C: +1波動弾で悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainをゴツメダメ込みで確定1発

 サイコショックで無振りf:id:omayupoke:20210201004837j:plainを確定1発

H: 余り。D+1でC特化珠f:id:omayupoke:20201202061542j:plainのダイジェットが確定2発

解説:

構築の嫁ポケ枠。第2MVP。間違いなく今期の環境ポケモンでした。苦手なf:id:omayupoke:20200901044604j:plainf:id:omayupoke:20201231201107j:plainf:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20210201004837j:plainのような並びを後述のf:id:omayupoke:20201231201754j:plainと合わせて有利に戦えるので、最終日もかなり選出したし大活躍してくれました!ラムの実を持っているとf:id:omayupoke:20201201204219j:plainの暴風混乱やf:id:omayupoke:20210131235343j:plainの氷を一度無効にできるし、f:id:omayupoke:20200901044604j:plain対面で強引にダイマックスすることが可能です。波動弾を搭載するとf:id:omayupoke:20210201005829j:plainに対して役割逆転させることができるし、受け回しにも強くなり非常に使い易かったです。いつか必ず大好きなf:id:omayupoke:20210801080032j:plainと結果を出したいと思っていたのでこの上なく嬉しいです!965さんに感謝です。
 

f:id:omayupoke:20201231201754j:plainゴツゴツメット

性格: ずぶとい

特性: ミストメイカ

実数値: 177(252)-*-183(252)-115-150-106(4)

技構成: ムンフォ/自然の怒り/挑発/黒い霧

調整意図: 

HB振り切り (相手のダイマを1発耐えて黒い霧を打ちたいため)

解説:

HBに振り切り、構築のf:id:omayupoke:20200901022947j:plainf:id:omayupoke:20201201204234j:plain受けを担当してもらいました。ゴツメを持たせることで、f:id:omayupoke:20210801080032j:plainが苦手な悪f:id:omayupoke:20200901022947j:plainのタスキを削り、瞑想波動弾圏内に入れる動きがとても強かったです。黒い霧を搭載することで起点になることが少なく、自然の怒りで確実に相手のサイクルに負荷をかけてくれたため、腐ることがなく活躍してくれました!f:id:omayupoke:20210801080032j:plainの最高の相棒でした。

 

f:id:omayupoke:20210131235343j:plain@しんかのきせき

性格: ひかえめ

特性: アナライズ

実数値: 192(252)-*-111(4)-172(252)-115-77

技構成: トラアタ/冷ビ/放電/再生

調整意図: 

HC振り切り。無振り60族の下を取るためS個体値は24。

解説: 

f:id:omayupoke:20201231201754j:plainダイマを切らない怒り挑発型で採用していたので、ポリ2はダイマしても強いようにHCアナライズ型で採用しました。タイプと技範囲が優秀なため、どんな相手に対してもダイマで撃ち合うことができてめちゃくちゃ強かったです。DLと違って腐ることがなく、アタッカー型の中では最も強い型だと思います。最終日は相手のポリ2を2回も凍らせてくれたので感謝してます。


 

f:id:omayupoke:20201201204219j:plain@アッキの実

性格: ずぶとい

特性: せいでんき

実数値:191(204)-*-148(236)-145-110-129(68)

技構成: 暴風/身代わり/充電/羽休め

調整意図: 

S: 耐久サンダーミラーに勝てるようなるべく早く

HB: 意地f:id:omayupoke:20200901022158j:plainの火炎ボールを乱数2発 (16%)

解説: 

構築の補完枠であり、おそらく環境で自分しか使っていない型のサンダーです。汎用性はかなり低いですが、刺さっている時は1匹で相手を詰ませることができます。f:id:omayupoke:20210201000355j:plainf:id:omayupoke:20200901023012j:plainf:id:omayupoke:20200901023035j:plainの並びにはだいたい選出して、f:id:omayupoke:20210201000355j:plain対面で身代わりして充電すれば相手は突破が非常に難しくなります。電気ウェポンを抜いて身代わりを採用することで、充電を詰み切ればf:id:omayupoke:20210131235343j:plainの氷もケアできるようになります。最終日はほとんど選出しませんでしたが、シーズン中盤では上位の方々を1匹でボコボコにして爽快でした!まだまだサンダーは開拓の余地があると感じました。

 

f:id:omayupoke:20200901021606j:plain@こだわりスカーフ

性格: おくびょう

特性: がんじょう

実数値: 145-*-136(4)-182(252)-110-123(252)

技構成: ラスカ/放電/徹底抗戦/ボルチェン

調整意図: 

S: +1で最速115族抜き

解説: 

構築の軸であり、MVP。とにかく初手出しが安定で、必ず相手から見えない勝ち筋を作り出してくれました。f:id:omayupoke:20201201204219j:plainf:id:omayupoke:20201201211858j:plainの先に動けるのが非常にえらく、f:id:omayupoke:20201201204219j:plain対面は高頻度で怪電波を打たれるので、上からボルチェンで削って後述のf:id:omayupoke:20201201205521j:plainを着地できるのが本当に強かったです。f:id:omayupoke:20201201211858j:plain対面も同様に、上からボルチェンでマルスケを削ってからf:id:omayupoke:20201201205521j:plainで威嚇を入れることができます。f:id:omayupoke:20201201210717j:plainに強いのも非常に優秀で、HPを少し残しておけば相手のf:id:omayupoke:20201201210717j:plainによる切り返しも抑制できるので、対面構築に対してもいい勝率で戦うことができました。f:id:omayupoke:20200901021606j:plain自体は昔からよく使っていましたが、今までに使った型の中で断トツに1番強かったです!!

 

f:id:omayupoke:20201201205521j:plain@命の珠

性格: いじっぱり

特性: いかく

実数値: 189(196)-196(108)-110-*-111(90)-126(116)

技構成: 地震/空を飛ぶ/岩雪崩/剣舞

調整意図: 

S: +1で最速f:id:omayupoke:20200901022158j:plain抜き

A: 無振りf:id:omayupoke:20201202054806j:plainをダイジェットで乱数1発 (75%)

HB: 意地f:id:omayupoke:20200901022158j:plainの火炎ボールが威嚇込みで確定3発

HD: 臆病珠f:id:omayupoke:20201201204219j:plainのダイジェットが乱数1発 (25%)

解説: 

 構築の軸であり、f:id:omayupoke:20200901021606j:plainの最高の相棒。タイプ補完がバッチリで、f:id:omayupoke:20200901021606j:plainで上から動いてf:id:omayupoke:20201201205521j:plainでタイプ受けし、相手を一気に崩す動きがとても強かったので、耐久振りの命の珠型という少しクセのある型を採用しました。相手の耐久振りf:id:omayupoke:20201201205521j:plainに滅法強く、お互い威嚇を入れて剣舞を積み合った後のダイマの打ち合いはほとんど勝つことができます。この型にすると相手の構築にf:id:omayupoke:20210131235343j:plainがいても臆せずに選出することができたので、選出率は断トツの1位でした。冠環境終盤は間違いなくランドロスがSランクの環境トップだったと思います。

 

【最後に】

来期から僕が嫌いなダイマ無し環境になるということもあり、僕はこれで剣盾ランクマを終了したいと思います(今のところ)。このゲームを始めた頃に比べると本当に強くなったなあと思う一方で、最上位の方々には全く及ばず、大きな壁を感じて終えることになってしまいました。いつか必ず最上位で戦いたいと思っているので、またその時が来たら全力で頑張りたいと思っています。このゲームを通じてたくさんの方と出会い、同じ趣味で同じ目標に向かって切磋琢磨しつつ、ワイワイとゲームをすることがこんなにも楽しいという事を知ることができ、非常に幸せです。いつも一緒に楽しくポケモンをしてくれる友人や、応援してくださっているFFの方々に、本当に感謝しています。

 

スペシャルサンクス】

・きい鯖のみんな

・AIM-HIGHのみんな

・いつも応援して下さるFFの方々